【長谷川ミラ】自分がいいと思えばそれでオッケー!それぞれの出す答えすべてが「正解」 | キレイノート

KIREI NOTE

INTERVIEW

インタビューINTERVIEW | 2022.06.07

KIREI METHOD

MILA HASEGAWA長谷川 ミラ

自分がいいと思えばそれでオッケー!
それぞれの出す答えすべてが「正解」

GUESTS

今、目が離せない人物を迎えて、輝きの秘訣をインタビューする連載『キレメソ』。今回のゲストはモデルの長谷川ミラさんです。Z世代を代表するインフルエンサーとして注目を集めているキーパーソン。環境問題や社会問題を独自の視点から解釈し、自らの言葉で発信し続けている彼女に、日常で大切にしていることや、今いちばん興味のあることなど、たくさんの質問を投げかけました。

KIREI
METHOD

長谷川 ミラ

目次

MILA HASEGAWA

PROFILE

モデル。'9777日生まれ。東京都出身。ロンドンの美術大学「セントラル・セント・マーチンズ」への留学を経て、現在は様々なフィールドで活躍中。モデルとしての活動のほか、ラジオ番組「START LINE」(J-WAVE)のナビゲーター、情報番組にコメンテーターとして出演。さらに、再生繊維やオーガニック生地を使用したアイテムを展開するサステナブルブランド「Jam apparel」のディレクション、カフェ「Um cafe」のプロデュースも手がける。ライフスタイルを紹介するYouTubeチャンネルも話題。社会問題などを積極的に発信しているZ世代。

長谷川 ミラ 公式  Instagram | 

MILA HASEGAWA

KIREI METHOD

水を飲む、よく眠る、
よく食べる、
美容
は基本的なことを続けるだけ

まずは美容のことから伺いますね。何かこだわりなどがあったら教えてください。

水をいっぱい飲むことと、
よく眠ることと、
よく食べること。

本当にネットに書いてあるような基本的なことをやっているだけですね。

水は1日にどれくらい飲んでいるんですか?

適当です、たくさん!

数えることがストレスになると思うので、何も考えずに、ですかね。なるべく排出をするようにしています。

スキンケアに関してはいかがでしょう?

普通にクレンジングして、洗顔して、
化粧水をつけて、
美容液とクリームを
つけて、当たり前のことをやっている
だけかなと思います。

ちゃんと続けることですね。

ミラさんの思う“美しさ”とはどんな状態だと思いますか?

自分がよければオッケーだと思う
ので、自分に無理を
していない人は
美しいなと思います。

自分のペースで動けていたり、自分のペースで判断していたり、自分のペースを持っている人は美しいです。

人からどう思われるかを気にして頑張るのではなく、「自分のために、自分がそうしたいから」にフォーカスしている人、ということですか?

そうですね。
でも、人の目を気にすることが
モチベーションでキレイを続けられる
人もいるから、それもオッケーだと
思うし、何でもオッケーです!

私はこだわりがない性格なので、あまり考えていないんですよね。

なるほど。“その人がその人のままでいられたら美しい”ということですね。

そうだと思います! その人が
それを“美しい”と
思うなら、
そうなんじゃない?と思います。

私がどうこう言うよりも、その人がそう思うことが正しいと思います。

理想や目標はあえて掲げない、
モチベーションは
常に高くなくていい

“こういう人でありたい”と思う理想像があったら教えてください。

憧れの存在とか、なりたい人とか、
特にないんですよね。

「いない」ではなくて「ない」、こだわりがないんです。お水もなんでもいいし、コスメもなんでもいいんですよ。いただいたものの中から“どれが肌に合うかなぁ?”と決めているので。それから私的には「誰みたいになりたい」と発信することで、“ああ、こういう人がいいんだ”という概念を読者さんたちに与えたくないという気持ちもありますね。

例えば、5年後、10年後、近い将来の目標はどうですか?

目標も特にないんです。

目標を掲げると、達成できなかった自分に嫌気が差しませんか? 苦しくなっちゃうから、作らないんです。モチベーションは常に高くなくていい、そういうスタンスです。仕事はしていたいですけど…(笑)。そうだ、美味しいご飯を食べ続けることが目標です! それは間違いないかな。

それを正直に言えるのが逆に素敵だと思います。「楽しそうに見せなきゃ」、「幸せそうに見せなきゃ」、と思っている人はけっこう多いのでは?

確かに。よく「やりたいことを
やるにはどうすれば
いいんですか?」という質問をいただくたびに、
“あ、私はやりたいことをやっている
ように
見えるんだ!?”と思うんです。

SNSでみんなキラキラしていて楽しそうに見えるけど、実はそんなことないじゃないですか? 例えば、旅行がしたいから、仕事がちょっと嫌だなと思っても頑張れている、みたいな。

やりたいことのために淡々と頑張る、ですか?

普通なんですよ、私(笑)。
楽しさを置いておいて、
こなす作業の
ほうがけっこう得意なんです。

だから最近は「どうやったらもっと楽しくできるか」がテーマですね。ファッションブランドをやっている手前、インスタでもポジティブな言葉をかけられることがあるから、“私はそうやって見えているし、見せちゃっているんだな”ということを反省したんですよ。わざわざネガティブなことを発信する必要はないですけど、ポジティブなだけじゃないところもなるべくシェアするようにはしています。

自分の伝えたいことが
誤解なく伝わるよう

言葉遣いを常に考える

ミラさんのSNSを見ていると、言葉の遣い方や表現の仕方にとても気を付けているなという印象を受けました。

気を付けていますね。いろんな性別、
価値観、住んでいる
場所の違う人が
読んでくださっているので。

私には伝えたいことがあるから、それをダイレクトに伝える時に、言い方を間違えるだけでネガティブな方向にとられたらもったいないじゃないですか。だからなるべく、どんな人がどんなアングルで見ても語弊がないような言い方、バランスがとれているような言い方は意識していますね。

すごい、さすがですね。

毎週、生放送でラジオの
パーソナリティーを
やっているので、
間違えちゃうと、とんでもないこと
になるので…(苦笑)。

ラジオを始めて2年になるんですけど、余計に言葉の重さや言葉の強さを感じています。

常に言葉選びを意識しているんですね。

そうですね。私は元々性格がキツい
ので、そのキツさを
どう緩和するかと
いうのはいつも考えています(笑)。

発信する時に、言葉のせいで伝えたいことが伝わらなかったら嫌なので。でもポットキャスト番組(「変わる報道番組#アベプラ」)ではけっこう崩して、正直に話せています。だから媒体は選んでいるのかな。媒体によって見ている人も変わってくるから、そこも意識しているかもしれないです。例えば、テレビだと聞きやすい言い方にしたり、若い子が多い媒体では質問が多いから文脈を気にしたり、そういうところに気を付けていますね。

落ち込んだ時は
自分がどうしたいかを
考えて、
そこから逆算して解消

ミラさんのそのクレバーさはどこから来ているのですか?

いや、全然クレバーじゃないです! 
超不器用で、
ずっとぶつかりまくって
いましたからね。

結局、自分のやりたいようにやっていたら、エゴにしかならないじゃないですか、自分が言いたいことだけ言って、気持ちよくなって。そうじゃなくて、伝えたいことがあるから、合理的になっているんだと思います。伝えるには、聞いてもらえる言い方にしなきゃいけないから、優先するのは自分の言い方じゃないよね、って。パフォーマンスに近いかもしれないです。

これまでに自分の言い方で言って誤解された経験は?

それはないです、
防いできていると思います!

じゃあ、失敗して落ち込んだりすることはない?

あります! 1日半くらい
落ち込んで、
そこからは忘れますね。

だって落ち込んでも解決しないから、悩まない。悩んで解決するなら、考えますけど。

立ち直り方があったら教えてほしいです。

自分がどうしたいかを考えて、
そこから逆算、です。

悩んでいる原因は何かを考えて、どうやって解決していくか、逆算したら分かるじゃないですか。だから私は悩まないですね、相談もしないです。「まあいいや、こうすればいいんだ!」って、早いんですよ。

やっぱりクレバーですね。

いや、そのほうが無駄に悩まないで、
生きやすいと
思います!

だって、ほんとに悩んで解決することってなくないですか? 時間をかけることは大事だけど、悩む必要はないかなって。例えば、失恋だったら悩んでいても解決しないから、“時間が解決する”と自分を納得させれば、一日一日早く過ぎて“次、頑張ろう”と思える。下がる必要がない、過ぎればいい!

もう起こってしまったしなぁ…って感じですよね。

そうなんです!
「ドラえも~ん!
(時間を戻してもらう)」と
できるなら
いいんですけど(笑)、
もうどうにもならない!

あと、悩んでいても悩み続けない。BOXに入れる感じですかね、「あ、これは今いいや」みたいな。何個か悩みBOXはあるかもしれないけど、そこまで深く考えない。

箱にしまって、カギを締めちゃう?

はい。で、そのまま消えていきます。
だいたい忘れちゃう。

もう開けないんですね。

友達と話していて、「あ、
そういえばこんなこと
あったなぁ。
私は何で悩んでいたんだっけ?」

そんな感じです(笑)。

SDGsブームが
さらに盛り上がって
定番化
することで世の中が変わる

ミラさんが社会問題や環境問題を発信するようになったきっかけは、イギリス留学だったと伺っています。

日本とのギャップは
すごく感じたんですけど、それは
4~5年前に帰国した当時のことで、
今は日本も変わって
きているから、
ちょっと当てはまらないのかなと
思います。

その時に感じたことは、社会問題についてカジュアルに話す人がひとりもいなかったけど、イギリスとかに行ったら、カフェで聞こえてくる、みたいな。日本も最近は、お仕事の現場でもそういう話が増えてきているので、そういうギャップは感じていないですね。SDGsブームになってくれたから、イギリスに比べたらまだまだかもしれないけど、いい方向に来ている感触はあります。

今すっかりSGDsブームになっていることについてはどうですか?

もう全然いいと思います!ブームに
ならないと定番化も
しないし、
もっともっと盛り上がってほしい!

私は、社会問題はファッショナブルでトレンディでいいと思っているんです。その中でふるいにかけた時に、数パーセントの人が「あれ、これ、トレンドだけじゃなくて、ほんとにヤバい問題だよね」と気づいてアクション起こせば、世の中が変わると思うんですね。だからそんなに全員が変わらなくていいと思います。ブームになることで企業がどんどんプロダクトを作ったり、制作に携わったりして、いい流れなのかなと思います。

今、気になっているトピックを教えてください。

私は活動家ではないので、
特にないんですよね。

ただ「もっと、ニュースを見て、もっと知ろうよ」かな。そのニュースもひとつだけじゃなくて、両方の視点から見てほしいなと思います。

情報収集はどうしていますか?

私は調べ魔なので(笑)、
TikTok、Instagram、
Twitter、
毎日新聞、日経新聞、
BBCニュース(イギリス)、
CNNニュース(アメリカ)、
ABCニュース(アメリカ)
とかですね。

私は仕事になっているから、なるべく全部見るようにしています。それから、テレビに出る人間なのでテレビも見るようにしていて、「あ、こういう情報を一般の人は見ているんだな」と、それも情報収集のひとつです。偏っているにしてもテレビは分かりやすくまとまっているので、その先に興味を持ったら、自分でネットや本で調べたらいいと思います。YouTubeでまとめてくださっている方もいるし。それが長かったらTikTokの30秒動画でもいいし。

入れている情報が膨大なんですね。そこから必要なものをどうピックアップしているんですか?

基本的に自分が興味のあるもの、
ですね。

あと、父親が元々金融系の仕事をしていたので、世の中で起きていることを知っておかないと対等に話せないんです。この間は「エコノミストを読んでいないの!?」って、言われました(笑)。でも、これはヘビー過ぎるので、まずは興味のあるニュースから、見る癖をつける。そしてそれをまわりに話してみる。

まわりとシェアすることは大切ですね。

私はコミュニケーションで自分の
情報をアップデート
しているので、
元がないとそれすらできないから。

でも、ここで間違っちゃいけないのは、知っていないと話しちゃいけないということではないんです。間違っていても話してオッケーだし、コミュニケーションを通してそれが合っているか間違っているかの判断をすればいい。だから相手を尊重しながら話さなきゃいけないなと思います。

30代の先輩が
道を作ってくれたから
今の20代が生きやすい環境に

キレイノートの読者は30代が多いのですが、ミラさんから見た30代の印象は?

私、30代の友人が多いんです。

すごくかっこいいですし、パワフルな先輩たちがいるからこそ、私たち20代が今生きやすくなっていると思うので、みなさんには感謝しています。 “ノビノビ”とまではいかないけど、私たちが“ノビ”くらいできているのは、先輩方がちょこちょこ道を作ってくださったから。まわりを見てもパワフルで濃いめの方が多いなという印象です。

モデル、パーソナリティー、ファッションブランド、カフェ、などなど、いろいろな活動をしていらっしゃる中で、今いちばん興味があることは何でしょう?

今は「Um cafe」を
頑張っています。

日本だと、せっかくニュースを見て知っても、安心してコミュニケーションをとれる場がなかなかないので、Z世代専用のコミュニティスペースを作りました。うちのカフェだけじゃなくて、みんながほっこりして安心できる空間を見つけてほしいなと思います。

若い人だけではなく、誰でも利用できるんですか?

もちろん! 
カフェの中に「シェアラブ」
という
システムがあるんです。

ニューヨークのピザ屋さんでやっているんですけど、「2枚分払うけど、僕は1枚分しかいらない」というときは1枚分の金額をチケットみたいにして壁にパッと貼っておくんですよ。そしたら、ホームレスとか、お金がない子どもがそれを使ってピザ1枚を買うことができるんですね。

なるほど、いいシステムですね。

男女関係なく、お金のある人が払えば
いいじゃないですか。

どうやったらお金のない学生たちが払わなくていいシステムができるかなと思って、そのピザ屋さんのシステムを採用したんです。チケットを作って、それを買った人がメッセージを書いて、使う人が裏に「ありがとう」ってまたメッセージを書いて、それがレジの横に貼ってあるんです。お財布を忘れた人でもいいし、若くなくてもいいし、ある意味サステナビリティというか、人と人の繋がりですよね。自分が声を上げることで社会が変わるということを私たちはここ40~50年日本で感じたことがないので。だから声を上げることを止めているじゃないですか。だから、どうにかこのカフェで成功体験を作りたいなと思っているんです。

とてもいい循環ですね。日本人はそういうのに甘えるのが苦手そうですけど、チケットを使う人はいるんですか?

ちゃんと使うの、みんな!
“ナイス~!”と思っています。

よかったです!

これを私だけじゃなくて、
環境活動家や、
ジェンダーレスの子、
ジャーナリストの子、
アートの子
とか、8人のZ世代でやっているので。

ひとりよりも個が集まるとおもしろいことになるのかなと思います。ぜひ遊びに来てください!

PRESENT

長谷川 ミラさんから素敵なプレゼントが!!

抽選で2名様に

長谷川ミラさん
ポラロイド写真
プレゼント!

応募期間/
2022年6月7日(火)12:00~
6月12日(日)11:59

【プレゼント内容】
長谷川ミラさんサイン入りスペシャルポラロイド写真2点

【当選者】
2名様

【応募期間】
2022年6月7日(火)12:00〜6月12日(日)11:59

【応募方法】
キレイノートTwitterアカウントをフォロー。Twitterに投稿している長谷川 ミラさんプレゼントのキャンペーン投稿をリツイートしていただくと応募完了となります。

※プレゼントのご応募にはキレイノートTwitterアカウント(ID:@kireinote0915)のフォローが必要となります

フォローはこちら ▶︎ @kireinote0915

【注意事項】
・当選者のみにご連絡を差し上げます。
・商品の発送は日本国内に限らせていただきます。
また、商品の当選者以外の方への発送はできません。

Today's outfit.

<衣装>
ワンピース¥110,000/Tory Burch(トリーバーチ)
シューズ¥17,600/UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)

<問い合わせ先 >
Tory Burch Japan
東京都港区北青山2-5-8 青山OMスクエア 3階
TEL:0120-705-710

UNITED TOKYO 神宮前店
ユナイテッド トウキョウ 神宮前店
TEL:03-5962-6400

取材・文/依知川亜希子
撮影/Paloma Benito
ヘアメイク/SACHI(SHIMA)
スタイリスト/ FUKAMI

この記事をシェアする

KIREI METHOD

LOOK

Featured contents

RANKING

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!