【河北 麻友子】家族旅行といえばシルクロードやサハラ砂漠でした | キレイノート

KIREI NOTE

09/INTERVIEW

インタビューINTERVIEW | 2021.06.09

NEW

KIREI METHOD

河北 麻友子 Mayuko Kawakita

家族旅行といえば
シルクロードや
サハラ砂漠でした

各界の第一線で活躍する
女性たちの美しさや輝きの
秘密に迫ります!

GUESTS

ニューヨークの出身で、子どもの頃から数々の国を旅してきた河北麻友子さん。ホームであるニューヨークで必ず行く生ハムが美味しいお店のこと、旅に求める「刺激」と「癒し」、必携のスキンケアアイテムなど、旅のことを中心にお聞きしました。

KIREI
METHOD

河北 麻友子

index目次

Mayuko Kawakita

女優、モデル。1991年11月28日生まれ。ニューヨーク出身。2003年、単身来日し、オスカープロモーション主催の「第9回国民的美少女コンテスト」で応募者約10万人の中からグランプリおよび、マルチメディア賞を受賞。2008年4月より渡日して本格的に芸能活動を始める。2021年1月、一般人男性と結婚したことを発表。

ヴェネツィアが
大好き!朝起きた
だけでテンション
が上がります

早速ですが、河北さんが今まで
行った旅先の中で、
いちばん
良かったところはどこですか?

ヴェネツィアです!

旅って、食も楽しみの一つですよね。私はイタリアンがいちばん好きで、特に生ハムやパスタが大好き。ヴェネツィアは街並みも素敵で、朝起きただけでテンションが上がるし、散歩するのもワクワクします。ゴンドラに乗って移動するのも楽しかったです。

ヴェネツィアのゴンドラなんて
非日常という感じで、まさに旅!
という感じですね。
では、今まで旅先で気に入った
美容スポットはどこですか?

やっぱり韓国ですね。

かわいくてリーズナブルな化粧品がたくさん見つかるし、メイクのトレンドが楽しめます。今は日本にもありますけど、3CEやスタイルナンダのショップにはよく行っていました。あと韓国では、アカスリもやってもらったんですよ!びっくりするくらい垢が出るのが気持ちよくて(笑)。施術後は「生まれたて!」という感じのピカピカの肌になりました。

海外旅行ができるようになったら、
真っ先にどこに行きたいですか?

今までギリシャに行ったことが
ないので、
行ってみたいと
思っていたんですけど…

旅自体があまりにも久しぶりなので、まずはニューヨークに里帰りしたいです。あとは、近場の韓国や台湾、間違いなく楽しめるハワイもいいな。今年1月に結婚したんですけど、新婚旅行に行ってないので、暖かいところに行きたいですね。

保湿命。
スキンケアは機内
でなく搭乗前に!

旅先や道中でのスキンケアについて
お聞きします。
飛行機の中で必ず
することなどはありますか?

飛行機に乗ってからでなく、
乗る前にしっかり保湿をするのが
こだわりです。

化粧水を5回くらい重ね付けしたうえにオイルなども付けて、テカテカになるくらいに仕上げておきます(笑)。機内ではリップクリームをつけるくらいですね。

ホテルの部屋では
どんなケアをしますか?

私、旅先だと自宅にいるときよりも
しっかりスキンケアをするんです。

美容液などの浸透を助ける美顔器やスチーマー、シートマスクなども持っていったりします。日常から離れた旅先では、いつもより時間があるから、いろいろ使ってケアして「私、充実してる♡」という感じで楽しんでます(笑)。

コスメはどんなものを
持っていくんですか?

ライスフォースのコスメはもう
12年使っていて信頼しているので、
必ず持っていきます。

肌が揺らいでいるときにも使うとすぐに復活するし、特に乾燥しやすい旅先に行くときなどは
欠かせません。

ほかに、旅に必ず持っていくものは?

香りが大好きなので、
フレグランスですね。

旅先で使う香りって、そのときの記憶を思い出させてくれるから大切です。昔からDiptyqueの香水が好きで、最近は季節感を感じるルイ・ヴィトンやセリーヌの香りも気に入っています。旅先で購入するのも好きですね。ルラボなどは、その国限定の香りがあったりするので楽しいです。

子どもの頃から
サハラ砂漠や
シルクロードを
家族で旅していました

河北さんが旅に
求めることはなんですか?

「刺激」と「癒し」です。

「癒し」のほうはたとえばリゾートですよね。でもリゾートって、丸二日いたらお腹いっぱいっていうところがあるじゃないですか。「刺激」は、「違う世界に来た!」と感じられるような、ちょっとハードな旅ですね。
たとえばタイなどは、どちらも兼ね備えているので大好き。旅先ではいつも朝早く起きて、準備して、街に出て遊んで、って満喫したい派です。

「刺激」の旅というと、どんなところに
行ったことがあるんですか?

私、子どもの頃から家族旅行というと、
インドやモロッコ、サハラ砂漠、
あとは中国でシルクロードを辿ったり、
独特な旅ばかりをしていたんです。

その影響で刺激系の場所が好きなんだと思います。
全く、心も体も休まらないんですけど(笑)。現地の人と同じゴハンを食べて、現地の人たちと触れ合うのが好きですね。

貴重な体験ですね!

そうですね。でも親に
連れて行ってもらっているときは、
それこそ「リゾートに行きたい!」
って思っていたんですけど(笑)。

この先、あまり行くことがなさそうなところばかりなので、行っておいてよかったと思います。

ニューヨークに
着いてまずする
ことは生ハムを
買うこと(笑)!

河北さんに撮ってニューヨークは
どんな場所ですか?

生まれ育った場所なので、
ホームですね。

今の仕事をするために日本に来たので、日本は仕事をする場所、という感じでずっと「オン」の状態なんです。ニューヨークに帰ると、子どもに戻れるというか、素の自分になれる感じがしてほっとします。

ニューヨークに帰ったら
必ず行くところは?

生ハムが大好きなので、小さな頃から
ずっと行ってるDi Palo’s(ディパロ)
というイタリア食材店には必ず
行きます。

着いてすぐに、ニューヨークにいる間食べる分の生ハムを買い込むんです(笑)。そこの生ハムとチーズがめちゃくちゃ美味しくて、安いんです。日本ならお店で一人前として出てくるくらいたくさんの量を試食させてくれたりして(笑)。家族経営でやっているお店で、大好きです。

ニューヨークでおすすめの
美容スポットはありますか?

とりあえずセフォラには行きますね。

セフォラに入って、手ぶらで出て来たことは一度もない(笑)。何かしら目を引くものがあるし、楽しいです。アメリカにしか売っていない化粧品などもあるので、お土産探しにもおすすめです。あと、せっかくニューヨークに来たら、ホテルのスパなどに行ってみるものいいと思います。私はニューヨークで観光っぽいことはあまりしないので行ったことがないんですけど、フォーシーズンズホテルのスパが、めちゃくちゃいいって聞きました。

調味料を揃えて
タイ料理を作る
のにハマってます

次はおうち時間についてお聞きして
いきたいと思います。
最近、おうちではどんなことをして
過ごすことが多いですか?

最近、わんちゃんを飼ったので、
一緒にまったりゆったり
過ごすことが多いです。

どんなわんちゃんですか?

5か月のポメラニアンで
名前はテトです。

「風の谷のナウシカ」の!

そうです!ナウシカが大好きなのと、
顔がキツネっぽいのでテトにしました。

かわいくて、おやつとかなんでも買い与えちゃっています(笑)。芸はまだ、「おすわり」と「まて」しかできないんですけど、今日から親指と人差し指を広げたところに顔を乗せる「かお」を教え始めようかと思っています。できるようになったら、かわい過ぎて泣いちゃう(笑)!

テトちゃんと遊ぶ以外には、
どんなことをしているんですか?

もともと料理が好きなんですけど、
結婚とステイホームのタイミングが
いい感じに重なった、ということで
料理の時間がさらに増えました。

最近はタイ料理にハマっています。パッタイやガパオとか、調味料さえ揃えてしまえば、超簡単にできて美味しいんですよ。こんな状況で、なかなか外食がしにくい分、時間があるので、普段作らない料理にチャレンジしたりもできますよね。海外のレシピサイトや動画などもよく見て作っています。調べてみると意外に簡単にできるものが多いということを知りました。

早くショーや
ライブがフルで
楽しめる日が
きますように!

河北さんが今、いちばんして
みたいことってなんですか?

以前のように、お客さんを入れての
ファッションショーやテレビの収録を
またしたいですね。

今はこんな状況で、ファンの方に会う機会がゼロになってしまったので…。早く再会したいです!
あの熱気というか、エネルギーに代わるものはないですよね。

たしかに、生で会うって、
リモートとはまったく違いますからね。

今だと、ファッションショーやライブで
夜にお客さんを入れられたとしても
叫べないし、おしゃれしてもマスクを
しなくちゃいけないですもんね。

私自身もお客さんとしてライブに行きたいなー。
早くフルで楽しめる日がくるといいな、と思います。

本当ですね。それでは最後に、
キレメソ読者の皆さんに
メッセージをお願いします。

メイクやスキンケアって、
自分のためにするものだから、
自分に合うアイテムや方法を見つけて、
よりハッピーな毎日を
過ごしてほしいです。

そして、早く自由に旅ができるようになりますように!

Today's outfit.

ドレス¥51,000、トップス¥43,000
パンツ¥25,000、ビスチェ¥23,000
以上FUMIE TANAKA(ドール)
03-4361-8240

イヤーカフ¥7,000、2連イヤーカフ¥7,000/ジャミレイ
ネックレス¥11,000/ヘルミーナ アセン
以上URBAN RESEARCH ROSSO ルミネ新宿店
050-2017-9118

サンダル¥4,900/SENSE OF PLACE
(SENSE OF PLACE URBAN RESEARCH
キュープラザ原宿店)
03-6433-5548
全て税抜き価格

取材・文/古屋美枝
撮影/大辻隆広(go relax E more)
ヘアメイク/相場清志(eif)
スタイリスト/池田直美(佐々木事務所)

この記事をシェアする

KIREI METHOD

KIREI
METHOD

各界の第一線で活躍する方々に、
外見はもちろん、
内面もキレイで
健やかでいるための
秘訣をお聞きしました!

CATEGORY

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは、日本と世界に満ち溢れている
“キレイ”をさがして、旅をする人のノート。

新しいものに出会ったときのワクワクが大好き。
本当に自分に合うアイテムや
メソッドを見つけたい。
次の旅先やいつか訪れたい国の
トレンドを覗いてみたい。

そんなキレイへの好奇心は、
きっとあなたとわたしの毎日をより豊かに
輝かせてくれるはず。
キレイノートはそんな想いのもと、
日本国内はもちろん、
世界中から心ときめく旬な情報を
お届けしています。

気になる国をトリップ!