星のや東京で和の文化に触れ、心も体も輝く「江戸美人」に。

08 LIFESTYLE

2020.03.14

星のや東京で和の文化に触れ、心も体も輝く「江戸美人」に。

東京の中心で体験する、江戸美人の所作、教養、美容


江戸時代は“泰平の世”と言われ、娯楽や歌舞伎、人形浄瑠璃など江戸独自の文化や芸術が発達。
人々の暮らしが豊かになると同時に、江戸の女性たちは新しい髪型や化粧などを楽しむように。
また、外見の美だけでなく、よりよい将来のために内面を磨くことも重視し、三味線や茶の湯などのお稽古事にも力を入れ、礼儀作法などの教養も身に着けていたそう。

このような江戸の女性の美や教養に対する高い意識をお稽古とスパトリートメントで体験できるのが 日本旅館、「星のや東京」の“江戸美人滞在”プラン。

大手町。東京の中心にあるビルに足を踏み入れると、そこは非日常の別世界。
日本古来のお香の香りが全身を包み込み、季節のお花、江戸小紋柄の格子など、和のしつらえによる空間が、私たちを出迎えてくれます。


伝統的な和のしきたりにより、玄関では靴を脱いで上がります。
また、館内では、イグサの香りや畳の感触、木の床のぬくもりを感じられるようにスリッパなどの履物は 履かずに過ごします。


お部屋は、竹と栗の素材を使った調度品や太鼓張りの障子や、外観の麻の葉くずしの柄が特徴的な和室。
館内にある温泉のほかに、お部屋にも大きな浴槽のあるバスルームもあります。
また、感動したのが、ゆったりとした心地よい寝心地のオリジナル寝具。
あまりの心地良さで、ずっと横になっていたいほどでした…。

和の文化を嗜み、美しい所作やおもてなしの精神を学ぶ


まず、最初に体験したのが三味線。
最初は、三味線なんて絶対に弾けない!と思っていたのですが、講師の萩岡由子先生が楽しく教えてくださったおかげで、2時間で“さくらさくら”を通して弾けるようになり、感動!
三味線は、手を返す動作や指の所作が女性らしい動きにつながると言われ、江戸時代、とくに人気のお稽古だったそう。


江戸時代から伝わる技法の“つまみ細工”のレッスン。
小さな正方形の布を小さく折りたたむことで、草花を形作る伝統工芸。
こちらも、親切に丁寧に教えてくださるので、 初心者でも安心!


千代紙で贈り物を包む折型体験。
折型は、日本に600年以上前から伝わる礼法で、人に心を込めて物を贈る文化の始まりと言われているそう。
簡単に可愛いご祝儀袋などが作れ、 おもてなしの精神の学びにつながります。

日本伝統の美素材を使ったトリートメント


宿泊者限定でありながら、とても評判が良く、予約困難なほど人気なのが、 星のや東京のスパ。
トリートメントルームも、トリートメントに使用するオイルも和のエッセンスを盛り込んでいて、 日本古来から伝わる美意識を堪能することが出来ます。

ボディトリートメントに使用する米ぬかオイルは、女性ホルモンの分泌を活性化させる、橙+イランイラン、リフレッシュ効果のある柚子+黒文字、リラックス効果の高いモミ+ヒバ+生姜。
ゆっくりとしたストロークのマッサージは、カラダ中がとろけそうなほどの気持ちよさ。

ボディのあとは、フェイシャルトリートメント。
顔の筋肉の緊張を和らげるマッサージのあと、コラーゲンマスクをしてもらうのですが、終了後、肌がもちもちプルプルで感激!

最後は、日本古来より髪に艶を出し、美髪をつくるために使用されてきた、椿油とつげ櫛で髪を梳いてもらいます。

たったこれだけで、天使の輪ができるほど しっとりとしたしなやかな艶髪に。
髪が美しくなるだけでなく、“大切にされている”ような 特別感を味わえました。

そして、最上階17階にある温泉は、なんと地下1500mから湧き出る天然温泉。
塩分が強く、ミネラル豊富なお湯で保温効果があり、冷え性の方にも最適。
湯上りは、お肌がツルツル、すべすべに。

露天風呂は、東京の空と風、季節の移ろいを感じることができ、都会にいながら旅行に来たような気分を楽しめます。

味も見た目も感動を呼ぶ、スペシャルな食事


星のやさんのお食事は、どこも美味しくて訪れるたびに感激するのですが、こちらの星のや東京さんのダイニング「Nipponキュイジーヌ」でのコース料理は、たぶん、一生の思い出に残るのではないかと思うほど、感動するものでした。

世界的コンクールでも好評価を受ける料理長、浜田統之さんが自ら産地に出向いた食材でその時々の旬の素材を使い、天才的な技で作り出す料理は見た目も味も芸術。
建設時に地中から掘り出された江戸時代の大名屋敷の柱と言われる神代木を器に使用するなど、 器へのこだわりも素晴らしく、五感を刺激してくれます。

朝食は、江戸の近郊で栽培されていた江戸野菜や魚介を使った「江戸美人御膳」。
サラダ、小鉢、焼き魚、つくだ煮、雑穀米ご飯など、どれもヘルシーなものばかり。
品数は多いけれど、どれも少量づつなので全部ぺろっと食べられます。
朝から、心もカラダも良いエネルギーをいただきました。

今回体験した“江戸美人滞在”は、盛沢山&充実した内容で一歩も外に出ていないのに全く飽きずに、館内で楽しく過ごすことが出来ました。
さらに、日本伝統文化の素晴らしさを感じることが出来、 また、スタッフの方の温かく、心のこもったホスピタリティに触れて、 まさに内面から浄化されたような気分に。
旅行気分を楽しみつつ、内面から美を磨きたい方にぜひおすすめです。
ウィーンのホテルで発見 宿泊者限定のオーガニックアメニティー 【おこもり美容ノートfromイタリア】私らしいお家時間の過ごし方