image.jpeg
image.jpeg
title_image.png
sp_title_image.png

たべきり保存食レシピ recipe no.9 ケチャップ

いつもお店で購入している食べ物って、
実は自分でつくれるんです!
おうちで仕込めば素材にこだわることができるし、
添加物がなく安心安全、リーズナブル。
なにより市販のものより断然おいしい!
ここでは、ひとり暮らしでもつくりやすい
“ちょうどいい量”のレシピをお伝えします。

本日の保存食

サルシッチャ サルシッチャ

ketchup

最終回は、万能調味料のケチャップです。これから旬を迎えるフレッシュなトマトを使い、スパイスをほんのり効かせた大人のケチャップは、酸味も甘さも控えめで、絶品! フライドポテトやホットドッグにつけるのはもちろん、オムライス、ポークチャップ、ケチャップ炒めなどなど、洗練された味に仕上がります。お好みのトマトで作ってみてくださいね。

保存期間:冷蔵庫で2週間

材 料
  • ・トマト   中3個(500g)
  • ・玉ねぎ   1/4個(50g)
  • ・にんにく  1/2かけ(5g)
  • ・ローリエ  1/4枚
  • ・塩     小さじ1
  • ・砂糖    大さじ1
  • ・酢     大さじ1
  • ・シナモン  少々
  • ・こしょう  少々
  • ・トマト 中3個(500g)
  • ・玉ねぎ 1/4個(50g)
  • ・にんにく 1/2かけ(5g)
  • ・ローリエ 1/4枚
  • ・塩 小さじ1
  • ・砂糖 大さじ1
  • ・酢 大さじ1
  • ・シナモン 少々
  • ・こしょう 少々
あると便利な道具

ミキサーまたはブレンダー

材料を液状にするために使います
なければ、おろし器ですりおろしてください

ザル

つくりかた
数時間前の下準備 数時間前の下準備

トマトはヘタを取ってザクザクと切る。玉ねぎもザク切り、にんにくはつぶしてから小さくカット。
トマト、玉ねぎ、にんにくの順にミキサーに入れて、なめらかなジュースになるまでまわす

水分が多いものを下に入れると、ミキサーのハネが回転しやすいです

大豆を煮る 大豆を煮る

なめらかになったらザルでこして、タネなどを取りのぞく

大豆を煮る 大豆を煮る

こしたジュースを鍋に移して火にかける。
アクが出たらのぞいて、ローリエ、シナモン、こしょうを加えて煮詰める

ローリエは使う直前にちぎると香りがよく立ちます

大豆を煮る 大豆を煮る

3分の1くらいの量まで煮詰めたら、塩、砂糖、酢を入れて、そこからさらに煮詰める。
鍋底にヘラの筋がしっかりと残るまで煮詰まったら、完成!

つくったケチャップで一品!

「ナポリタン」

みんな大好きナポリタン! あえて自家製ケチャップのみでシンプルにつくる、手づくりならではの美味しさをダイレクトに楽しむレシピです。トマトの旨味とコク、そしてやさしい甘みがギュッと詰まった味わいは、ケチャップのポテンシャルによるもの。いつものおうち料理が老舗洋食屋さんの味へとレベルアップしますよ。

材料とつくりかた(2人分)

  • ・ケチャップ 大さじ3
  • ・スパゲッティ 160g
  • ・玉ねぎ 1/2個
  • ・ベーコン 2枚
  • ・ピーマン 1個
  • ・オリーブオイル 小さじ1
  • ・粉チーズ 大さじ1

1.玉ねぎ、ピーマンは薄切りに、ベーコンは1センチ幅に切る。
たっぷりの湯に塩(分量外)を入れて、スパゲッティを茹でる。茹で湯はとっておく

2.フライパンにオリーブオイルをひいて、先に玉ねぎを炒める。
玉ねぎがしんなりしたら、ベーコン、ピーマンの順に加えて、さらに炒める

3.ケチャップと茹で湯少々を加えたら、茹で上がったスパゲッティを入れて、炒めあえる。
味をみて足りなければ、茹で湯を足して水分をとばす

4.器に盛りつけて粉チーズをかけたら、できあがり!

読むだけレシピ

「バンコントマテ」

カリッと焼いたバゲットに、にんにくをすりこんで香りを移す。
そこにケチャップを塗ってオリーブオイルをたらり。お好みで生ハムやアンチョビ、チーズなどをのせて

教えてくれた先生
鈴木聖子さん

教えてくれた先生

鈴木聖子さん

料理研究家。大学で栄養学を習得し、卒業後は飲食店のスタッフトレーニングや
商品開発などの業務に就く。その後、オーストラリアへ渡り、
レストランで働きながら食文化を学ぶ。帰国後はクッキングスクールに10年間勤務。
2013年から「3さいからはじめる料理教室 KISSAKO」を主宰。
子どもから大人までウェルカムなレッスンのほか、企業向けのレシピ開発、ケータリング、
加工食品販売なども手掛ける。頭の中は常においしいもののことでいっぱい。二児の母。

企画構成・編集・文/依知川亜希子  
撮影/真名子