スイス×インドのコラボで生まれたなめらかツヤ肌スキンケア

03 SKIN

2020.02.28

スイス×インドのコラボで生まれたなめらかツヤ肌スキンケア

ご紹介するのは、インド特有の健康に対するインスピレーションを持ち、豊かなスイスの自然を使って作られた、Abh
atiというオーガニックスキンケア。

2006年にインド人のAnjuさんがスイスで作ったブランドです。
商品を使う消費者はもちろんのこと、商品の作り手のことも考えた Abhatiは、商品の売上の一部も原料の生産者にいくようになっているそう。
文化も宗教も異なる2つの国の融合、一体どんな商品と出会えるのか、期待値大です!


やってきたのはスイスのチューリッヒ。メインショッピングストリートにある大手ショッピングモール、GLOBUSです。


よく知られている有名ブランドが並ぶ化粧品売り場。キラキラと照明が明るい店内です。


案内してもらったのは奥の一角。こちらがオーガニックやナチュラルコスメブランドが販売されているコーナーのようです。


日本でも大人気、スイス発ナチュラルブランドDr. Hauschkaの隣で見つけたのが、今回おめあてのAbhatiです。

Dr. Hauschkaほどではないですが、スイス国内ではよく知られているブランドだそう。
実際にスイスに来てみないと発見できないブランドがあり、ワクワクします!


インドのアーユルベーダーに使われる原料とは?



Abhatiの商品は主にヘアケアとスキンケア。

オレンジの20倍以上のビタミンCを含むと言われているインディアングーズベリーや
インドの伝統医学で古くから使われてきたモリンガオイル。
それらをスイスでオーガニック栽培し、 栄養を豊富なAbhatiの商品を作っているんだそう。

他のコスメブランドにはない、まさに2つの国の融合ブランドです。


Abhatiで使われている、インド原産の主な植物は約8種類にのぼるそうです。


他にはない肌触り、 Abhatiでスキンケア



左から
Rich Facial Cleanser 75ml (CHF 37.90 /約4,150円)
Whipped Moisturising Cream 60ml (CHF 54.90 /約6,510円)

真っ黒のパッケージがかっこいいこちらの2点は、Abhatiで最も売上の良い商品ということで、スタッフの方が紹介してくれました。
乾燥肌や脂性肌、敏感肌にまで使えます。
インドのアーユルベーダーにも使われる原料からできているそう。

その中でもインディアングーズベリーやモリンガオイルは、優しくピーリングしなめらかな肌を作ってくれると同時に、目元の細かいメイクまで落としてくれます。
フェイシャルクリーナーは泡立ちしないタイプの透明な液体。




こちらはモイスチャライジングクリーム。

柔らかな肌触りのクリームが特徴的で、赤みを抑えてお肌をワントーン明るく見せてくれる効果があります。

また、ビタミンAが豊富に含まれているヒマラヤのワイルドチェリーのオイルが配合されているので、潤いをまとったような肌触りに。
こちらもインディアングーズベリーが使われています。


一度使っただけでお肌に良い変化が見られたので驚きました。
これから使い続けてみて、どんな効果が得られるか楽しみになるようなフェイスクリーナーとクリームです♫



日本ではまだ未発売のブランドですので、スイスに来た際にぜひ探してみては。
まるで宝石箱 ウィーンのコスメショップにワクワクが止まらない パリみやげに 老舗香水メゾン”フラゴナール”はコスメも優秀