コバルトブルーの海に癒される。イタリア・マルケの秘密のビーチ | キレイノート

KIREI NOTE

LIFESTYLE

2020.11.02

コバルトブルーの海に癒される。イタリア・マルケの秘密のビーチ

イタリア  ビーチ

コロナウィルスの影響で、多くのイタリア人が海外旅行を諦め、国内でバカンスを過ごした今年の夏。

私はイタリア半島中部を車で周遊し、「こんなイタリアもあるんだ!」という発見の連続でした。今回はそんな旅レポ第一弾をお届けします!

知られざる海と山の自然の宝庫、マルケ地方へ

ミラノから南下すること約5時間。渋滞を抜け、イタリア半島の東側、アドリア海沿いのマルケ地方へと向かいます。

遠浅で波も小さく水質を気にしないファミリー向け、というイメージがミラネーゼの間で定着している、アドリア海のビーチ。南下するにつれて水の透明度も上がっていきますが、中でもイタリアのベストビーチの一つに選ばれるほどの美しい海が、ここマルケ州のコーネロ国立公園にあります。

まず訪れたのは、シローロという小さな町。ここに」車を停め、20分ほど歩いてビーチを目指します。

スニーカーでも何度も滑りそうになる急斜面の獣道を下ると、眼前に迫ってきたのは、期待以上のコバルトブルーの海。逸る心を抑えながら、慎重に降りていきます。

ビーチの全貌を見て、美しさに感激すると同時に、パラソルと人の数にびっくり!アクセスの悪さをものともしない、イタリア人の美しい海への執念の賜物です。

ビーチの小石の浄水作用のおかげで、この海の美しさが保たれているそうです。海水も冷たすぎず、最高の一言。ビーチハウスがあったり、収集した貝をグリルしている家族連れがいたり、物売りのアフリカ人女性が歩いていたり、メジャー感たっぷりのビーチでした。

息を切らしながら30分程かけて斜面を登り、駐車場へ。より静かで穴場なビーチを目指すことにしました。

シローロから国立公園を少し北上し、地元の人たちからベストビーチと聞いていた「メッザヴァッレ」というポイントへ。写真で斜度は伝わりませんが、こちらも崖を転げ落ちるような急斜面を下っていきます。

こちらは駐車場所も少ないためか、ビーチハウスもなく、のんびりとした雰囲気。

ビーチに到着したのは夕刻でしたが、迷わず海の中へ。シローロを上回る美しさと透明度でした。サルデーニャ島やシチリア島のビーチに少しがっかりした経験のある私にとって、文句なしにイタリアでのベスト海水浴でした。

絶景を見下ろすシーフードアペリティーボ

帰りはシローロへ戻り、 レストラン「LOFFICINA」でアペリティーボ。

海を見下ろすテラス席は、またとない絶好のロケーションです。

シーフードのおつまみと、カクテルのセット(20ユーロ/ 約2,500円)をオーダー。

左から、ヒラメがサンドされたミニバーガー、燻製マグロのタルト、タコのクロケットです。写真のドリンクは、ドライバー用のノンアルコールカクテル。甘さ控えめで、ローズマリーやバラの香りが爽やかな夏らしいドリンクです。他には、ジンベースのカクテルが充実していました。

薄暮の空に星が見えるまで景色を堪能し、名残惜しみながらアドリア海を後にしました。

次回は、マルケ州の山の魅力をレポートしたいと思います!

SHOPLIST

TAG

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!