旅が好きなあの人の「連れてくコスメ」 #06 坪田あさみさん | キレイノート

KIREI NOTE

SERIAL STORY

2020.02.23

旅が好きなあの人の「連れてくコスメ」
#06 坪田あさみさん

暑かったり、寒かったり、気温や湿度、あと水も、環境が変わる旅先だからこそ、スキンケアやコスメにはこだわりたい! で、旅慣れているみなさんは、どんな物を持って行くの? 様々な職業の旅好き女性たちに、スーツケースに絶対入れるマストアイテムを紹介してもらいました。今回は、ファッションエディター・ライターの坪田あさみさんです。

ジェル&クリームで徹底的に保湿、肌トラブル回避で安心の旅に
旅先ではなかなか対処ができないので、スキンケアはとにかくトラブルを起こさないように気をつけています。私はすごく乾燥肌で、乾燥すると痒くなるので、機内では常に保湿! トイレに行く度にエンビロンのモイスチャージェルとロコベースのクリームを塗って、明るいところで見たらギョッとするくらいウルウルさせています(笑)。メイク前も、この2つが化粧水と乳液代わり。エンビロンのジェルは、ビタミンAが配合されているからシミ予防にもなるんですよ。RMKのオイルは導入として、基本顔用だけど、ボディオイルとネイルオイルにもしています。ヘアメイクさんにすすめられて使い始めたナチュランココのクレンジングクリームは、今では定期購買しているほどのお気に入り。コスメデコルテの美容液は、たまにケチって止めると途端に肌に違いが出るので、もう10年くらい使い続けています。
スキンケアものは、小さい容器に移し替えると「あと何日間でこれだけ…」って足りなくなる不安を味わうのがイヤで、ボトルのまま持って行くんですよ。だから、旅行の1ヶ月くらい前から調整ですね。残りが3分の1程度になったら新しいのを開けて、旅行用に残しておきます。

(左から)エンビロンのモイス チャージェル2、ナチュランココのクレンジングクリーム、コスメデコルテのモイスチュア リポソーム、RMKのWトリートメントオイル(試供品の容器に移し替えたもの)、ロコベースのリペアクリーム

私、すごいストレートヘアなので、普段はゆるく巻いたりしているんですけど、わざわざコテを持って行ったり、ホテルのバスルームでいろいろやるのもめんどくさくて。旅行のときは、基本的にまとめていますね。逆毛用ブラシで髪を引き出したり、後頭部を膨らませたりして、プロダクトのワックスで束感を出しながらまとめます。シャンプーとヘアトリートメントは、アブリーゼのものを持って行きますね。シャンプーだけでもしっとりするから、シャワーの水圧が悪いときはそれだけで済ませられて便利です。

ニューヨークで購入した逆毛用のブラシ、ザ・プロダクトのヘアワックス、BLAMINK ×PORTERのコラボレーションポーチ

ドラッグストアのプチプラコスメも優秀だったら積極的に採用!
海外旅行のときは、基本的にファンデーションを塗らないんですよ。ラ ロッシュ ポゼのティントタイプの日焼け止めを塗って、テカる部分だけアムリターラのパウダーでちょっと押さえる程度ですね。あと、クマができるので、コンシーラーも使います。肌を塗らずにラクをしている代わりに、ポイントメイクには力を入れます。キャンメイクのラッシュカーラーは、美容液と下地の効果もあって、めっちゃ上がるんですよ。飛行機に乗るときはスッピンだけど、まつ毛だけこれでグイッと上げています。セザンヌのアイブロウも何本買ったかわからないくらい、溺愛(笑)。ほんとうに描きやすくて、しかもリーズナブルなのがいいんです。
セルヴォークのリップ2本は必ず持って行きます。旅先だとメイク直しできない状況もあるので、そんなときはKATEのCCリップクリームをつけますね。ナーズのチーク「4013」は大好きで、何個もリピート買いしています。日焼けした肌に合うんですよね。

(左奥から)アムリターラのオールライト サンスクリーン パウダー、ラ ロッシュ ポゼのUVイデアXLティント、NARSのブラッシュ「4013N」 (右奥から)Celvokeのディグニファイド リップス「10レンガ」「09テラコッタ」、KATEのCCリップクリーム「02 PINK SPICE」、セザンヌの超細芯アイブロウ「03ナチュラルブラウン」、キャンメイクのクイックラッシュカーラー「BRブラウン」

旅先でのヘアスタイルは、スカーフを巻いてごまかすことが多いですね。機内にもスカーフを持ち込んで、乾燥対策で首や頭に巻いたりもしています。あと、風呂敷代わりにも。シルク素材は掛けておけば自然にシワが取れるので、洋服を包んで行って、ホテルに着いたら出して掛けておいて、次の朝からヘアアレンジに使う。で、帰りはまた洋服を包んで持って帰る。合理的なんです。白いピアスは、ニットなどボリュームのあるトップスにちょうどいいですね。MARIHAのフープピアスは、旅行に必ず持っていきます。軽くてつけやすいから、機内でも旅先でもストレスにならないんです。

ピンクのスカーフはマーガレットハウエル、黒いスカーフはVONDELのもの、フープピアスはMARIHA、白いピアスはTOMORROWLANDで購入

Q  最近の渡航履歴と今後の予定は?

街とリゾート地を交互に行っている感じです。街だとニューヨークが大好きで、昨年の2月は仕事で、11月はプライベートで行ってきました。次はゴールデンウィークが終わったあたりに、3泊くらいでマレーシアのコタキナバルに行く計画をしています。

Q 訪れてみたい国は?

行ったことがないスペインですね。特にバスク地方に行きたくて! 食べ歩きができるし、温暖な気候だからリゾート地みたいな雰囲気もあるし。ほんとうは新婚旅行で行こうって言っていたんですけど、ほかの国に行ってしまって、まだ行けていないんですよ。ヨーロッパだから最低でも2週間くらいは滞在したいです。

Q 旅の目的は?

アドレナリンを出すこと(笑)! ニューヨークは、もう行ったらアドレナリンがぶわーっと出るのが自分でもすごい分かるんですよ。空港から街中へ行く途中の景色を見るだけでも、何でもない道でも、スキップしたくなっちゃうくらいテンションが上がるんです! バリも上がりますね。ハワイも行くんですけど、けっこう日本語が通じるし、準備する必要があまりなくラクに行けるから、そこまで興奮はしないんですよね。ドキドキしながら行って「着いたーっ!!」ってなる場所が好きです(笑)。

ブルックリン・ブリッジを歩いて渡るのはNY旅行の鉄板。
冬は特に冷たい空気が気持ちいいんです。
旅行中は毎日2万歩以上歩くのでスニーカーがマスト。
機内安眠セット。ニューヨークのホールフーズ・マーケットで購入したメラトニンのサプリと、サンテ ボーティエの目薬

企画構成・取材・文/依知川亜希子
撮影/黒澤義教

TAG

BACK NUMBER

バックナンバー

VIEW ALL

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!