旅が好きなあの人の「連れてくコスメ」#02 尾形佳奈美さん

暑かったり、寒かったり、気温や湿度、あと水も、環境が変わる旅先だからこそ、スキンケアやコスメにはこだわりたい! で、旅慣れているみなさんは、どんな物を持って行くの? 様々な職業の旅好き女性たちに、スーツケースに絶対入れるマストアイテムを紹介してもらいました。今回は、インディアンジュエリー・ショップを営む尾形佳奈美さんです。

目次

尾形佳奈美写真 尾形佳奈美写真

#02
尾形佳奈美さん(Kanami Ogata)

オーナーである夫とともに、インディアンジュエリー・ショップ「Morning Star Trading」を切り盛り。バイイング、ディスプレイ、販売はもちろん、事務仕事もこなす。バイヤーとしては、女性がとり入れやすいデザインのもの、現代アーティストもののセレクトを担当。6歳男児の母でもある。今いちばん行きたい国は、ハワイやモルディブなど、乾燥していないリゾート地。
Instagram
webショップ

旅スキンケア/旅ヘアケア

基本アイテムがコンパクトに揃っているスターターズキットが便利
買い付けで訪れるのはどこも本当に乾燥しているので、保湿にはかなりこだわっています。スキンケアはうちで使っているものがやっぱり間違いないです。私はクリニークを愛用しているんですけど、ズボラなので詰め替えたりするのが面倒くさくて(笑)。旅行前にコンパクトサイズのスターターズキットを買い直しています。アイ セラムは、機内持ち込みにして、映画を観たあとなど目が疲れたなと思ったらコロコロしています。夜の洗顔は、毛穴の汚れや詰まりをとってくれるファンケルの洗顔パウダーで。小さいからかさばらないし、使ったらそのまま捨てられるから便利なんです。

(左から)クリニークのオール アバウト アイ セラム、昨年7月に発売したクリニークの「3ステップ スターターズ セット」に入っていた3点、クラリファイング ローション(ふき取り化粧水)、リキッド フェーシャルソープ マイルド、ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション (上)ファンケルのディープクリア洗顔パウダー
ボディケアアイテムは息子と兼用で使うので、なるべく肌に優しいナチュラル系のものを選びますね。ソープトピアのアイテムはすごく好きで、セレクトショップのロンハーマンでよく購入しています。オイルはボディにも髪にも使えるので、1本あるといいですよ。ヴァセリンのリップクリームは肌身離さず持っていて、いつでもどこでも塗っています。
(左から)SoaptopiaのOil Slathers「Bohemian Rose」とShea Butter Salve「Melrosey Sunset」、ヴァセリンのリップモイストシャイン オリジナル
ヘアケアにはパサつき防止と、まとまりを求めます。とりあえず髪全体にオイルをつけておいて、下ろしていてもいいし、ヘアゴムでササッとくくっても、どちらでもいけるようにしています。何時間も車に乗って移動をしていると、髪形をピシッとキメても崩れちゃうんですよね。シャンプーとトリートメントは日本のブランドのもので、ずっと使っています。AVEDAのトリートメントは洗い流さないタイプが便利ですね。乾燥や水質の違いで髪が痛むので、そういうときはトキオインカラミのパックで補修します。
(左から)SUNCALL「R-21」のトリートメントとシャンプーEX、AVEDAの洗い流さないトリートメント「デイリーリペア」、TOKIO INKARAMIの補修系・集中ヘアパック「HOME」

旅コスメ/顔まわりアクセサリー

目元だけはしっかりメイク、シルバージュエリーをアクセントに
ファンデーションは、dプログラムの下地を塗ってベアミネラルのパウダーだけとか、買い付けの旅ではけっこう適当にしていまね。アイメイクだけはしっかりやって、余力があったらチークを入れます。買い付けはいつも朝が早くて、インディアンジュエリーのトレーディングポストとか、ネイティブアメリカンのおうちに直接行ったりするんですけど、そういうときのアポイントは朝の7時とか8時だったりするんですよ。どうしても間に合わないときは車の中でメイクをするので、簡単にやりやすいアイテムが大事ですね。まつ毛エクステをしているので、マスカラは省けるんです。

(左から)ベアミネラルのベアプロ パウダー ファンデーション、クリニークのチーク ポップ「02 peach pop」、シユウウエムラのブロースウォード(アイブローペンシル)「ウォルナット ブラウン」、NARSのアイライナースタイロ「8126ブラック」、シユウウエムラのアイブロー マニキュア「ハニー グレイズ」、資生堂dプログラムの薬用スキンケアベースCC「ブルーグリーン」
旅先でもやっぱりインディアンジュエリーをつけますね。でも、あまりにもインディアンジュエリーっぽいコテコテなイメージになるのがイヤなので、ポップな感じに見えることを意識しています。ポーチは、ニューメキシコ州チマヨ村の伝統工芸品で、手織りなんですよ。それから、今日かぶっている帽子は、折りたためるトラベルハットなので、旅行に必ず持って行きます。
(左)CENTINERAのミニポーチ (右上から)インディアンジュエリーのピアス、バレッタ、ヘアコーム、マジェステ、すべてMorning Star Tradingのもの

最近の旅行履歴は?
ほとんどアメリカでの買い付けばかりですね。私は年に1~2回、夫は3~4回くらいのペース。ニューメキシコがメインで、セドナやサンタフェにも足を延ばして、いつも10日間くらいかけてまわります。次の予定は3月ですね。香港や台湾など、アジアの国々でポップアップイベントをやったりもするので、私も同行できればいいなと思っています。
コスメ以外で必ず持って行くものは?
使い捨てマスクとトローチは機内持ち込みにして絶対に持って行きます。それから、お財布とケータイ、ハンカチ、リップが入る小さなバッグですね。いつも大きなトートバッグの中に入れておいて、車から降りてちょっと観光とか、どこかに立ち寄るときはそれだけ持って行けばいいので、あると便利なんです。
海外でチェックするコスメショップは?
いつも買い付け旅で、おしゃれなショップや観光地になかなか行かれないので、もっぱら「ホールフーズ・マーケット」ですね。オリジナルコスメを出していて、ハンドクリームを愛用しているんですけど、この前スクラブを見つけて買ってみたらすごくよかったです。
ベルロック写真
昨年11月の買い付けは息子も一緒だったので、
1日だけオフの日を作って、
知人家族とセドナの観光名所であるベルロックに登りました。
買い付け中盤でヘトヘトになりかけていたけど、
パワーチャージされました!
わたしの旅の裏技
Hotelの臭いが気になる時はシュッとひと吹きでテンション上げてます
フレグランスブランドAPOTHIAのエアミスト「IF」

企画構成・取材・文/依知川亜希子
撮影/黒澤義教