【おこもり美容ノートfromイタリア】健康食材をもっと身近に

07 FOOD

2020.05.21

【おこもり美容ノートfromイタリア】健康食材をもっと身近に

イタリアのクオリティ・オブ・ライフ

 

イタリアも、新緑がまぶしい季節。

少しずつ都市封鎖が解除されてきましたが、最終目標は、あくまでも元通りの生活を取り戻すこと。

そのためにも多くの人が慎重に、まだできるだけ外出は控え、STAY HOMEの達人の域に達しつつあります。


ところで、イタリアの平均寿命は、昨年のデータで世界6位。

延命治療の概念はなく、老後のクオリティ・オブ・ライフはかなり高いと言えます。

80代になっても、友人や家族とワインを飲む時間を楽しみ、恋愛市場でもまだまだ現役。

 

今回はそんなイタリア人の健康を支えている食材と、日本でも手に入る材料を使ったレシピを紹介したいと思います。

いい事づくめ、オリーブオイルの出番を増やそう


 イタリアの食卓に欠かせないのが、ご存知オリーブオイル。抗酸化作用、動脈硬化や心筋梗塞などの予防、腸内環境の改善、美容効果などが高く、イタリア人の健康維持に大きく貢献している食材です。

栄養効果の高いエキストラバージンオリーブオイル(国際基準の酸度0.8%以下のもの)を選んでくださいね。


 こちらは、サラダ用オリーブオイル。

私は、フルーティーでスパイシーなトスカーナ産のものを愛用しています。オイルと自然塩、新鮮な野菜があれば、それだけで十分美味しいサラダに。市販のドレッシングよりヘルシーで、野菜本来の風味を楽しむことができます。

☆ズッキーニのスパゲッティのレシピ

 


 オリーブオイルとズッキーニを使った一皿をご紹介します。

可能なら 、パルミジャーノはぜひブロックのものを。使う直前に削ると、味も香りも最高です。残りは、紙に包んで冷蔵庫で保存します。 


 

材料 (2人分)

・ズッキーニ 小4本 

・オリーブオイル 大さじ2

・ニンニク 1かけ

・パルミジャーノ・レッジャーノ 大2

・バジル 唐辛子 (お好みで) 適量

・スパゲッティ 適量 (200250g)

  


ズッキーニを薄切りにし、オリーブオイルとニンニク、唐辛子を熱したフライパンで、弱火でじっくりズッキーニに火を通していきます。

沸騰したパスタ用のお湯に塩をたっぷり(鍋に大さじ1が目安)入れ、パスタを茹で始めます。

ズッキーニに軽く焦げ目がついてきたら、塩で味付けします。 


 茹で時間が半分経過したところで、茹で汁を残したまま、パスタをズッキーニのフライパンに手早く移します。

茹で汁をフライパンに加えて強火にし、パスタを浸し絡ませていきます。

この「乳化」が、美味しさの秘訣。茹で上がるタイミングで水分がちょうどなくなるように、茹で汁を数回に分けて加えていきます。

塩コショウで味を整え、削ったチーズを加えて出来上がり。

ズッキーニの美味しさをしっかり味わえる一品です。

種類豊富な蜂蜜を使いこなそう

 

イタリアは、蜂蜜の産地としても有名です。

蜂蜜は、甘味は砂糖の3倍でカロリーは砂糖より低く、ダイエットにも効果的。疲労回復、風邪予防、美容効果が期待でき、日常的にもっと取り入れていきたい食材です。

 

種類も豊富で、味や栄養素、用途も様々。

 

・アカシア:上品でクセがなく、抗炎症作用が高い

・栗:ほろ苦い味わいでチーズと相性○、貧血の改善、肝臓や腎臓の浄化

・タイム:微かな酸味があり、咳の緩和、殺菌効果

・シナノキ:ハーブ系の独特な風味、リラックス効果

・ひまわり:コクのある味、解熱作用、コレステロール値を低下

 


 写真は、私が通っていたオーガニックマーケットの蜂蜜屋さん。

普段はこちらの百花蜂蜜(イタリア語では「millefiori (千の花)」)を愛用しています。


 市場がまだ再開していないので、今回はシチリア産のユーカリ蜂蜜をスーパーで購入してみました。

甘さはかなり抑えめ。風味豊かで苦味がないので、お料理にも使いやすそうです。

ちなみに金属製のスプーンを使うと蜂蜜が変質してしまうので、木製やプラスチックのものを使います。

オートミール入りハニーラテのレシピ


 これは、私が出産直後、母乳に良いと勧められた朝食メニュー。

手軽で栄養満点なので、今でもよく作ります。

コーヒーやココナッツオイルが苦手な方は、省いてくださいね。


材料 (全てお好みの量)

・コーヒー

・蜂蜜

・牛乳や豆乳などお好きな飲料(今回はアーモンドドリンクを使用)

・オートミール

・ココナッツオイル

 

牛乳とオートミールを小鍋で弱火にかけます。オートミールが柔らかくなったら火を止め、残りの材料を混ぜて出来上がり。

コーヒーに蜂蜜が、合うんです!

  

おうち時間を美味しくヘルシーに、ストレスフリーで過ごしていきたいですね。

昼も夜もヘルシーに。ウィーンのベジタリアンレストラン2選 銀座でいただく贅沢なヴィーガン弁当で、心と体がすっきり整う