EDITOR'S NOTE

旅が好きなあの人の「連れてくコスメ」#10 赤石佳美さん

暑かったり、寒かったり、気温や湿度、あと水も、環境が変わる旅先だからこそ、スキンケアやコスメにはこだわりたい! で、旅慣れているみなさんは、どんな物を持って行くの? 様々な職業の旅好き女性たちに、スーツケースに絶対入れるマストアイテムを紹介してもらいました。今回は、ヴィジュアルマーチャンダイザーの赤石佳美さんです。

目次

赤石佳美さん写真

#10
赤石佳美さん(Yoshimi Akaishi)

外資系ブランド・ヴィジュアルマーチャンダイザー
勤務先の外資系ブランドで、ショーウインドウやイベントスペースの企画・設営や、店舗のディスプレイ指導を担当。日本全国の店舗をまわり、商品や什器の配置、導線などの演出を手掛ける。いかに楽しく買い物をしてもらえるかを考えるディスプレイのコンサルタント。趣味はフラメンコと陶芸、アート展めぐり。特にフラメンコは「私の放電」と称していて、1週間貯めたストレスをすべて床に打ち付けて、スッキリ。好きな食べ物は焼き鳥で、タレよりも塩派、燗冷ましの日本酒とともに。

旅スキンケア/旅ヘアケア

優秀アイテムでお手入れのプロセスを省きつつ保湿はしっかりと
旅のスキンケアでこだわっていることは、とにかく保湿! 私は刺激の強いものがダメで、ここ4年間くらいずっと低刺激のアベンヌをライン使いしています。化粧水は、スキンケアに使うというよりは、お化粧直しのときや機内などで“乾いているな”と思ったらシュッとしていますね。クレンジングは、落とし過ぎないクリームタイプがよくて、旅先には試供品のボトルに詰め替えて持って行きます。洗顔フォームは泡タイプだとラクですよ。それから、to/oneのブースターは、教えたくないくらい気に入っています! もう10本近くリピートしているかな。旅行でもこれだけは詰め替えたくないなと思って、そのまま持って行きます。

(左から)to/oneのブースター セラム、アベンヌのジェントル クレンジング ミルク、アベンヌ ウォーター、スキンバランスフォームSS
朝晩のスキンケアは化粧水や乳液を使わず、シートマスクだけなんです。顔を洗った後にブースターをつけて、シートマスクをペッと貼って、終わり(笑)。旅先では、デイリーに使えるマスクの中にスペシャルなものを1個だけ加えて、“今日は疲れたな”っていうときに投入しています。ルルルンは香りが面白いから、いろんな場所で地方限定品を買っていますね。お酒が好きなので、パッケージに惹かれて買っちゃったのが新之助(笑)。カンボジアで買ったココナッツのマスクは、現地で使って気に入って、箱買いしました。
新之助のシートマスクしっとりもっちり肌10枚入り、旅行先のカンボジアで購入したCOCONUT FACIAL MASK、ルルルンのフェイスマスク「北海道ルルルン(ラベンダーの香り)」
ボディオイルは、ゴルフボールで脚のマッサージをするとき用に。それから、ホテルについている石けんの匂いが好みじゃなかったりするので、ボディソープも必須ですね。バスソルトは、私の出張が多いことを知っている友人がよくくれるんですよ。自分で買うときはクナイプが多いです。
コスメ類は家で使っているものとほぼ同じで、試供品がオマケでついているボーナスパックやトラベルパックを見つけると、旅行用に買い溜めしています。免税品店でしか買えない小さいサイズのセットもチェックしますね。使い切りだと捨てて帰ってこられるから、スペースシャトル方式で切り離しています(笑)。
(左から)パンピューリのバスソルト「レモングラス&マンダリン」、WELEDAのボディオイル「ワイルドローズ」「ホワイトバーチ」、クリーミーボディウォッシュ「ワイルドローズ」「シトラス」
ヘアケアは、ロレアル パリのクレンジングクリームだけです。島旅にハマっていたとき、コインシャワーで使うのにちょうどいいと思って買って、そこから愛用しているんですよ。オールインワンなので、髪を濡らして、これをなじませて、マッサージして、洗い流して終わり! 普段は大きいボトルを使っていて、旅行のときはミニサイズです。あと、まとめ髪のときはマトメージュを使いますね。ふわっとしているおくれ毛も、毛流れに沿ってこれでなでればしっかりキープできます。
morita MiWのポーチ、ウテナのマトメージュまとめ髪スティック スーパーホールド、ロレアル パリ エルセーヴのエクストラオーディナリー オイル ラ クレム ラヴォン クレンジングクリーム しっとり

旅コスメ/顔まわりアクセサリー

百貨店ブランドとドラッグストアブランドをバランスよく少数精鋭で
メイクは、ドラッグストア系のアイテムもけっこう愛用しています。ダンスインストラクターの友人から「いいよ!」って教えてもらったファンデーションは、カバー力もあるし、崩れないです。アベンヌの乳液を下地代わりにしていて、NARSのコンシーラーも必須ですね。ポイントメイクは、オレンジ系の色味が好きです。シュウウエムラのパレットはコンパクトサイズなのがお気に入り。リップは「フラミンゴ」っていうネーミングが可愛くて買いました(笑)。サナのアイブロウは、ペンシルとパウダーとブラシが一体になっているのが便利で、もう10年以上使っているんですよ。マスカラは、旅行のときは下まつ毛用だけですね。上まつ毛はビューラーも何もしないです。

(左上から)シュウエムラのアイシャドーを入れたカスタムパレット「ME126A」「ME270」「S160B」「M883」、アイシャドーとチークを入れたカスタムパレット「ME150」「ME770A」「M330」、レブロンのカラーステイ メイクアップN、デジャヴュのタイニースナイパー、NARSのコンシーラースティック「1211」、to/oneのペタル エッセンス リップ「207フラミンゴ」、K-パレットのリアルラスティングアイライナー「SBスーパーブラック」、サナのニューボーンWブロウEX N「ナチュラルブラウン」、アベンヌのクリナンス エクスペール エマルジョン
旅行先に持って行くのはだいたいこの3つですね。ヘアアレンジに関しては、はじけちゃって、おだんごにできないくらい直毛なんですよ。なので、いつも後ろで結んじゃいますね。旅行先でもアクセサリーはつけるようにしています。現地で買ってそのままつけることもけっこうありますね。
(左)LIMI feuのヘアゴム、作家もののダイヤモンドカットピアス(ブランド不明)、Todosの喜平チェーンピアス

赤石佳美さんの旅のあれこれ赤石佳美さんの旅のあれこれ

最近の渡航履歴は?
国内だとだいたい仕事で、北は札幌から南は熊本まで、しょっちゅう出張していますね。海外旅行は年に1~2回は行きます。去年は、6月にカンボジア、10月にベトナムのホーチミンに行きました。自分のペースで行動できるので、ひとり旅が多いです。次はラオス、もしかしたらまたベトナムに行くかもしれません。
コスメ以外で持参するものは?
ストールなどの巻き物は1枚必ず持って行きます。冷房が苦手で、エアコンが効きすぎている中にいると、体が痛くなってくるんですよ。暑い国に行くことが多いので、保温性と通気性があるリネン素材を選びます。
旅行先を決める基準は
寒いのが苦手なので、基本あたたかいところを狙うんですけど、いつも「ふと浮かんだところ」ですね。ベトナム料理店でごはんを食べていて“あ、行きたいな”と思って気づいたらもうチケットを取っているとか。料理教室で使ったスパイスの原産国に行ってみたくなるとか(笑)。食べ物から決めることが多いです。
マカオひとり旅中の写真
マカオひとり旅中、「この建物とあなたの服がナイスだから!」
とオーストラリア人フォトグラファーに突然声かけられ撮っていただいたもの。
人とのふれあいも旅の楽しみです。
わたしの旅の裏技
移動中、宿、どこでもゴルフボールでゴロゴロマッサージ。
機内では転がっていかないようにゴルフボールをビニールに入れて、足裏でゴロゴロ踏んでマッサージ

企画構成・取材・文/依知川亜希子
撮影/黒澤義教