FOOD

2023.08.11

泊まらなくても大満喫!ミラノのブルガリホテルでアフタヌーンティー体験

ブルガリホテル

都心のオアシス、ミラノのブルガリホテルへ

今年、東京にオープンして話題のブルガリホテル。ミラノのブルガリホテルは、ジュエリーブランドとして100年以上の歴史を持つブルガリが2004年にオープンした、最初のホテルです。

立地の素晴らしさは、ミラノで一番と断言できるほど。高級店が立ち並ぶ中心地のショッピングエリア、モンテナポレオーネ地区にありながら、4000平方メートルの中庭を囲んでゆったりとした時間が流れる、まさに都会のオアシスなのです。

ダークブラウンを基調に、オレンジやターコイズブルーのインテリアを上品にあしらった館内。南イタリアの明るい陽射しを連想させる、居心地のいいサロンを進みます。

こちらのレストラン「NICO ROMINO」は、なんと24時間オープン。ランチやディナータイムは、ロミーノシェフが手がける伝統的なイタリア料理のコースが人気です。今回は、15時半から始まるアフタヌーンティーのタイミングにお邪魔しました。忙しいランチタイムが終わったあとだったためか、スタッフもリラックスした雰囲気で迎え入れてくれました。

イタリアでは夕食前のアペリティーボが有名ですが、イギリス発祥のアフタヌーンティーの文化は浸透していません。そのせいか店内は空いていて、予約なしでも素晴らしい中庭が一望できるテーブル席に案内してもらいました。

驚きと感動の連続、至極のアフタヌーンティー

アフタヌーンティーメニューは、紅茶がセットの「Classic」と、シャンパンがセットの「Bulgari」の2種類が用意されています。この日は真夏日だったということもあり「Classic」から「Imperial Earl Gray」のアイスティーをオーダーしました。

アイスティーのグラス、そして大きめのシルバーのティーポットが運ばれてきました。お代わりをしながらゆっくりとティータイムを楽しめそうです。

Classic Afternoon Tea Set 40ユーロ(約6,000円・税込)

続いて、ディテールも彩りも麗しいドルチェが登場。正確には上段と中段の6つがスイーツで、下段の3つは塩気のあるパニーノという組み合わせです。アフタヌーンティーの慣習に従って、まずは上のスイーツからいただくことにします。

上段の3つがこちら。左からミモザ、カプレジーナ、クロスタチーナです。

イタリアの伝統的なドルチェを、甘さは控えめに細部までパーフェクトに仕上げています。
クロスタチーナは生地がサクサクで、中に挟んだオーガニックのアプリコットジャムとのハーモニーが絶妙です。

カプレジーナはカカオとアーモンド生地が調和して、軽やかな風味。

ミモザはカスタードクリームの上品で優しい味に癒されました。

続いて中段は、左からスコーン、カンノンチーノ、ミニタルトという構成です。

スコーンはシチリア産のオレンジピールが入っていて、一口食べるとシチリアの風が口の中を吹き抜けるような爽快な味。

カンノンチーノは、驚くほど甘さ控えめで素材の良さが引き立っていました。
イチゴのタルトは、王冠のような美しさ。ミニチュアサイズなのに技が細かい! ビジュアルに見とれすぎて味を覚えていません。。

最後に、パニーニベースの下段へと移ります。左からヴィテッロトンナート、カプレジーナ、スモークサーモンの3点です。

ヴィテッロトンナートとはツナソースがけの仔牛肉で、小さくてもボリュームがあって、仔牛肉の口溶け感が最高です。

カプレジーナは、旬のトマトに上質なオリーブオイルがマッチした一品。
スモークサーモンは、これまた食べるのを数分間ためらってしまうほどの美しさでした。

素晴らしい中庭もしっかり満喫

五感が満たされたあと、中庭を散歩しました。手前からテラスのテーブル席、ソファ席、芝生とバーカウンター、一番奥に木陰のソファ席という、繰り返しになりますが都心とは信じがたいほど贅沢な広さです。

夕刻のアペリティーボに向けて、バーカウンターの準備をしていたスタッフ。

レストランのマネージャー、マノージュさんも気さくに撮影に応じてくれました。

フレンドリーな人が多く、イタリアらしい一期一会を感じます。短い時間でしたがとても満たされた気持ちでホテルを後にしました。

ホテルの横には、ミラノの穴場スポット、ボタニカルガーデンがあります。18時まで開園しているので、アフタヌーンティーやランチの後にこちらもぜひ散策してみてくださいね。

SHOPLIST

TAG

CATEGORY

Ethical

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!