話題のCOMO メトロポリタン バンコクでウェルネスな滞在を | キレイノート

KIREI NOTE

LIFESTYLE

2022.12.14

話題のCOMO メトロポリタン バンコクでウェルネスな滞在を

COMO メトロポリタン バンコク(COMO Metropolitan Bangkok)

タイ・バンコクのサトーン地区にある5つ星ホテル「COMO メトロポリタン バンコク(COMO Metropolitan Bangkok)」をご存知でしょうか。ヨガクラスやスチームサウナが備わったスパなど、ウェルネスに特化していると今話題のホテルです。タイのリピーターにもおすすめで、いつものバンコク滞在とは少し違った健康的な過ごし方ができるCOMO メトロポリタン バンコクを今回ご紹介します。

54平米のゆったりと過ごせる客室

オリエンタルでビビッドなインテリアが目を引くホテルフロント。COMO メトロポリタン バンコクはロンドンやマイアミ、バリ、プーケットなど世界にホテルを持つコモグループのホテルです。 MRTルンピニー駅まで徒歩5分、朝からランニングや体操などを目的に多くの人が訪れるルンピニ公園までは車で15分のところにあります。また、サトーン通り、シーロム通りのBTSサラデーン駅へ行く定期シャトルサービスを無料で利用でき便利です。

客室は全169室あり、26平米のシティー・ルームから240平米のスイートまで7つのカテゴリーで分かれています。5つ星ではありますが、お値段も2人以上で宿泊すればお手頃で滞在しやすいホテルです。今回、宿泊したのは54平米の広さを持つ「メトロポリタンルーム キング」。落ち着いたインテリアの広々としたリビングには大きなソファーがあり横たわってゆったり過ごせ、快適です。

ウェルビーイングステイが叶う施設、コースが充実

ここにきたら体験したいのがフリーヨガクラス。25mのプールサイドで行われる朝ヨガのクラスは1日の始まりにぴったりです。クラスは英語で行われ、先生も教え方がとても上手です。

日中は日差しが強いバンコクですが、早朝はまだ涼しく、丁度いい気候で体を伸ばすことができます。この気候だからこそ、通年野外でヨガができるのも魅力の一つです。また、室内にもヨガスタジオがあるので、そちらでもフリーヨガクラスは体験できます。

タイ古式マッサージやオリジナルオイルを使用したスパも人気ですが、気軽に利用できるウェルネス施設としては男女別のハイドロプールとスチームサウナ。ジャグジー付きのプールで体をほぐし、スチームサウナで体を温める、そしてチェアでゆっくり休むという至福の時間が味わえます。

スーパーフードを使ったランチでインナーケアも

スパ施設と同フロアの2階に位置するアジア料理レストラン「glow(グロウ)」ではウェルネスに特化したヘルシーランチをいただくことができます。

パンと一緒に提供されるのは亜麻仁の種を使用したクラッカーです。ドリンクはグリーンスムージー、そしてエビとたっぷりの野菜をグリルしたサラダでコースはスタート。みるからにヘルシーで体が喜ぶお料理が並びます。

メインにはタンパク質豊富なサーモン。グルテンフリー食材の使用や油の使用を控えるなど健康を考えられたコース料理がいただけます。運動した後にもぴったりの食事です。

ディナーはミシュラン星つきのレストランでタイ料理を

COMO メトロポリタン バンコク内にあるレストランの一つ「nahm(ナーム)」はミシュランガイドバンコク2018の初版で1つ星を獲得し、アジアのベストレストラン50で1位、San Pellegrino&Acqua Pannaによる世界のベストレストラン50の13位に選ばれました。スパイスがきいたコースメニューがいただけます。

伝統的なタイ料理がおしゃれに調理され、見たこともないハーブや野菜なども並びます。雰囲気もよくデートなどにもおすすめのレストランです。

また、ここでいただく朝食はビュッフェとセミオーダー式でメインにパンケーキやタイ料理の他にアサイボールなどのヘルシーメニューもあり、しっかり食べることもできますし、食べすぎた次の日の朝でも胃を労われます。

またタイは室内の冷房が少しきつめなのでプールサイドのテラス席で朝食をいただけるのは体を冷やしすぎずに過ごしやすいポイント。連泊しても毎日、何をオーダーしようか楽しみになる豊富なメニューが魅力的でした。

ホテルでウェルビーイングなステイを楽しむ。そんないつもとは違ったデトックスの旅が叶うホテルCOMO メトロポリタン バンコク。バンコクのリピーターにもおすすめのホテルです。観光の合間にヨガやヘルシーフードなどで体を労る。旅疲れするのではなく、リフレッシュできるようにウェルネスに特化した、おとなの滞在を体験してみてはいかがでしょうか。

取材協力:タイ国政府観光庁

CATEGORY

Ethical

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!