16年ぶりにリオープン。最旬フレンチコスメの宝庫、パリ百貨店「ラ・サマリテーヌ」 | キレイノート

KIREI NOTE

COSMETICS

2022.04.29

16年ぶりにリオープン。最旬フレンチコスメの宝庫、パリ百貨店「ラ・サマリテーヌ」

ラ・サマリテーヌ

16年ぶりに目覚めたパリの百貨店 サマリテーヌ

パリのセーヌ右岸、ポン・ヌフ橋のほとりにかつて賑わいを見せたパリの百貨店「サマリテーヌ」が、コロナ禍の昨年、リニューアルオープンしました。

建物の安全上の理由から16年眠り続けていたサマリテーヌ。

今回LVMHグループによってリニューアルオープンに漕ぎ着けたサマリテーヌは、フランスの最新コスメアイテムも充実していると聞きつけて、早速レポートしていきたいと思います。

パリの中心部、ルーブル美術館の最寄駅でもあるメトロ1番線のルーブルリヴォリ駅、またはパリ高速鉄道RERのA線・シャトレレアル駅からのアクセスが便利。

シャトレレアル駅は構内が広いので、吹き抜けの出口1番を目印にして向かっていきましょう。

シャトレレアル駅、出口1番の吹き抜けはエスカレーター設置で快適です

出口を出たら、セーヌ川方面を目指します。

4〜6月のパリはご覧の通り天気も良く、爽やかな風を感じるベストシーズンですよ♪

駅から200mほどで「SAMARITAINE」の文字が見えてきました。

到着です!ヨーロッパ国内からの観光客もほとんど戻ってきており、連日にぎわいを見せております。

1階はユニクロとして独立階になっているようで、本館への入り口には、奥のセーヌ川沿いまで歩いて向かいます。

こちらが本館の入り口。写真映えするスポットです

少し歩くとやっと本館の入り口が見えてきました。レトロな見た目は、20世紀初頭にタイムスリップしたような気分にさせてくれます♪

入った瞬間、うっとりとしてしまうアール・ヌーヴォー様式の階段!観光客にも人気のフォトスポットのようで、皆さんスマホを一生懸命にかざしていました。

サマリテーヌのオープン当時のアール・ヌーヴォー様式の階段を、色もそのままで修復させたそうです。

フランス式の0階(日本での1階)には憧れのハイブランドのブティックがひしめき合っています。サマリテーヌには約600以上のブランドのアイテムが入っているそうです。

館内を彩るディスプレイは、まるで美術館みたいで、ショッピングしなくてもアートが楽しめる空間になっています!

エスカレーターからの眺め。どこを切っても絵になります

サマリテーヌ来たら絶対に撮りたい写真スポットは、こちらの最上階。

ガラスの天井から差す光はより美しく見えます

ガラスの天井と黄金に輝く壁画、そしてブルーグレーの華麗な造りは観光スポットとして訪れておきたい場所です♪

こんな風に最上階からの眺めも素敵ですよ。

さて、今回の目玉・ビューティーコーナーに行ってみましょう。

最上階から地下一階へ移動します。

国内外の有名デパコスアイテムから話題の新作コスメアイテムまで、ここに来ればほとんど手に入るのではないかというくらいの品揃えが魅力です。

個人的にはパリ市内の百貨店の中で、こちらでの取り揃えがいまのところ「最強」だと思います。

特にサマリテーヌに来たら、絶対にのぞいてほしいのがオーガニックコスメの集結コーナー!

オーガニックコスメのコーナーは地下1階の一番奥にあります

これまで記事で紹介したフレンチオーガニックアイテムのテスターも揃っていて、自分に合ったアイテム探しにはピッタリの場所。

AesopやBYREDOもありました

いま話題のブランドが所狭しとディスプレイされている中でも、特に気になったのがこちらの「LES HUILETTE(レ ズイエット)」。

グリーンの容器が目印、地球と肌のために良いものを目指すLES HUILETTES

グリーンの容器が目印で「地球と肌のために優しいスキンケアアイテム」をうたっており、環境のためにミニマム環境負荷生産、オーガニック植物から採取されたエッセンシャルオイルを配合したスキンケアアイテムをメインに展開しています。厳しいエコサート認証も受けており、いまフランス国内でも人気を集めているオーガニックスキンケアブランドだそうです。

今回は初夏の肌バランスを保つために欠かせない保湿とレスキューのアイテムを試してみました。

妊娠中でも使用できるアイコン表示もありました

保湿&アンチエイジングにバッチリのモイスチャークリーム (30€/約4,000円・税込)。

敏感肌や妊娠中、アレルギーの方も安心して使える設計になっているのが売りだそうです♪

ヒアルロン酸やシアバター、プラム・ザクロオイル配合で、みずみずしく伸びるクリーミーなテクスチャーが特徴。

私は普通肌ですが、毎年春から初夏の花粉の季節に肌が大荒れ状態になるので(この日も酷かったです)、試しに片方の頬に塗って数時間過ごしてみたところ、塗った方の頬はかゆみもなく、かさつきもだいぶ落ち着きました。同じ悩みを持つ人がいたらおすすめしたいと思ったクリームです!

もう一つ、オールインワンタイプのバーム(19€/約2,500円・税込)を今回購入してみました。

顔、体、唇全てに万能なバームは小ぶりなのに優秀で、外出先にも持ち運びたいアイテムです。

ココナッツとシアバター、アルガンオイルが肌をしっとりと柔らかく整えてくれるだけでなく、アボカドやトゥルーラベンダーカルダモンといったオイルがダメージを補修してくれる効果も期待できます。

バーム系でよく使われる蜜蝋が一切使用されていないので、アレルギーが心配な方も安心です。

スイートオレンジ系の爽やか香りには癒されること間違いなし♪

今後も目が離せないスキンケアブランドのLES HUILETTESでした。

柔らかいテクスチャー

パリのトレンドが詰まった新生・サマリテーヌ。パリ訪問の際にぜひ足を運んでみてほしいスポットです。

ちなみにこのモダンな外観の建物もサマリテーヌの一部。本館との連絡通路もありますが、オーガニックコスメコーナーに直行したい!という方は、こちらの入口から地下に降りて本館に入ればすぐにオーガニックコスメコーナーに行くことができますよ♪

以上、パリ・セーヌ河ほとりのサマリテーヌのレポートでした!

SHOPLIST

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!