旅の気分は、エコラグジュアリー。イタリアの大自然を五感で堪能するバカンスへ | キレイノート

KIREI NOTE

LIFESTYLE

2022.02.02

旅の気分は、エコラグジュアリー。イタリアの大自然を五感で堪能するバカンスへ

イタリア マルケ

エコを極めた贅沢な宿・LA FORESTALE

中部イタリアのマルケ州は、大自然の宝庫として知られています。アドリア海随一の美しいビーチ、表情豊かな川、谷、森。

LA FORESTALE(ラ・フォレスターレ)は、フルロ渓谷自然公園に隣接するB&Bです。森林警備隊の宿舎だった廃屋を数年かけてリノベーション、2020年にオープンしました。

オーナーは、マルケの自然に魅せられた一人、フランス人のエリックさん。トレッキングとヨガの愛好家でもあります。

宿のコンセプトは「エコラグジュアリー」。

54枚のソーラーパネルを設置し、エネルギーは完全に自給自足です。

外部デザインの一部になっている、整然と並ぶソーラーパネル。

ナチュラルでミニマルなインテリア

ゲストルームは、全5室。

渓谷を見下ろす広いテラスとキッチン付きのアパートメントタイプや、暖炉やバスタブを備えたスイートロイヤルなど、どの部屋も自然との一体感を味わえるリラックス空間です。

ユニークでエコな壁材、断熱性に優れた大きな窓やミニマルなデザインのライト、すべてが美しく、妥協のないこだわりとホスピタリティがにじみ出ていました。

朝食は、エリックさんが栄養学を勉強して考案した「スーパーヘルシー」メニュー。もちろんすべてオーガニックです。

イタリアなのにブリオッシュが出ないの!? と意外に思いましたが、ジンジャー入りの自家製シリアル、ハーブとスパイス使いが絶妙なミックスフルーツなど、美味でボリューム満点の内容でした。

この夏にはヨガスペースとプールが完成、次のプロジェクトでは、裏山にプライベートロッジを作っていく予定だそう。

大自然と一体となってゆっくりと歩み続ける、魅力溢れる宿。次は夏に訪れて、渓谷のカヌーやトレッキングを心ゆくまで楽しみたいなと思いました。

中世の街を巡りながら、グルメを満喫

日中は、近隣の中世の街を訪れるのもオススメです。

こちらは、マルケとウンブリアの州境にあるグッビオという街。古代ローマ時代の劇場が残り、旧石器時代にも栄えたそうです。

麓にあるため、旧市街は坂道だらけ。息を切らしながら丘の上の大聖堂までたどり着くと、その庭からは絶景が広がっていました。

このエリアは、トリュフの産地としても知られています。

この秋はイタリア全国で収穫が悪く、こちらのトリュフ専門店でも白トリュフは300€/100gと、例年の2倍以上の価格で売られていました。

ローカルのポルチーニとサフランを使ったトルテッリ。イタリアでもサフランが栽培されていることを、この時知りました。

トリュフにサフラン、独特の香りが旅を豊かにしてくれました。

五感で楽しめるマルケ州、ぜひチェックしてみてくださいね!

SHOPLIST

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!