ピンクの新鮮な取り入れ方は#洒落コンメイクから学ぶ | キレイノート

KIREI NOTE

SERIAL STORY

2021.09.07

ピンクの新鮮な取り入れ方は
#洒落コンメイクから学ぶ

人気ヘアメイクさんから、いつも同じになりがちな大人女子メイクに新提案!簡単なのに、仕上がりが見違える色や質感の合わせ方、テクニックを教わります。

教えてくれるのはこの人!

ヘアメイクアップアーティスト

笹本恭平さん

お洒落で優美、バランス感覚抜群のヘアメイクに、ビューティ誌やファッション誌からラブコールがひっきりなし。“ささにぃ”の愛称で女優やモデルからの信頼も厚く、今年6月出版の『コンサバメイク革命』(講談社)はすでに重版が決定。

CHECK!

意識するだけで洗練度が上がる
#洒落コンメイクとは?

笹本さんの著書『コンサバメイク革命』は、ささにぃ流の#洒落コンメイク(洒落たコンサバメイク)の極意と具体的なテクニックが網羅された一冊。

#洒落コンメイク
5つのルール by KYOHEI SASAMOTO

  • 【RULE1】柔らかさや血色感、女性として持ちうる
    “素材”の
    魅力を最大限に引き出してあげる。
  • 【RULE2】メイクを単体で考えない。ファッションの
    一部として
    トータルバランスを意識する。
  • 【RULE3】#洒落コンメイク の定義は、やりすぎない、
    けど、やらなすぎないこと。
  • 【RULE4】一気に仕上げようと横着しない。
    細部に拘りながらメイクする。
  • 【RULE5】毎日同じ顔じゃなくていい。
    みんなと同じ顔じゃなくていい。
    なりたい自分は毎日自分で作る。

※『コンサバメイク革命』より参照引用

ピンクの新鮮な取り入れ方は
#洒落コンメイクから学ぶ

CHECK!

清潔感や女性らしさを演出できる
コンサバはマニッシュ服と実は好相性

マニッシュな服にマニッシュなメイクを合わせると、かっこよさは際立つものの近寄りにくい印象に見えてしまうことも。#洒落コンメイクのバランスの取り方としては、少し甘めのピンクトーンでまとめて、柔らかな女性像を演出。目元と口元はくすみ感のあるピンクにすると可愛くなり過ぎず、服の雰囲気ともマッチ。頬のみ正統派の青みピンクを淡く仕込むと、ほかの部分のくすみピンクが服のブラウンに引っ張られ過ぎず透明感をキープ。

USED ITEM

輝きやツヤ感で鮮度が増した
くすみピンク&ライラック

光が当たるとローズのツヤが現れるアイカラーに、深みと赤みを兼ね備えたくすみ系ピンクの眉マスカラやリップティントは、大人っぽく女っぽさを演出したい時に最適。ライラックのブラッシュやラベンダーのネイルは澄み感アップの差し色に。

HOW TO MAKE UP

EYE

A、B、C、DLAURA MERCIER、D-UP、JILL STUART BEAUTY

アイカラーは、Bのピンクローズを上まぶた全体にのせて指で手早くぼかし、Aのシャンパンローズを下まぶたの涙袋の幅にぼかします。アイラインは引かず、アイカラーのピンクみとマッチするCのチェリーブラウンのマスカラを引き締め役に。上まつ毛は軽く1度塗り、下まつ毛は2度塗りでほんの少しのガーリー感を。眉も、Dの眉マスカラで毛流れを整えつつふわっとソフトピンクに色づけます。

CHEEK

EGIVENCHY

ライラック系ピンクの濃淡がセットされたEのブラッシュ4色を、チークブラシでブレンドしてから、手の甲などで余分な粒子を軽く払います。にこっと笑った時にいちばん頬が高く盛り上がる位置にブラシを置いて、ふんわりと外側にぼかします。ブラッシュは取り足さず、何度かブラシをストロークしてシアーに仕上げましょう。

LIP&NAIL

F、GOPERA、LUNASOL

青みがかったくすみ感が絶妙なFのプラムピンクのリップは、スティックのまま唇の内側から全体を塗りつぶすように直塗りします。仕上げに、指を使って軽いタッチでなじませるとメイクとの一体感がアップ。指先は、光感が美しいラベンダーのネイルカラーG。チークと近い青みの色めきに、目元と同じトーンのピンクパールが配合されているので、まなざし&手指によって統一感のあるスウィート&エレガントな空気感が完成します。

CHECK!

洒落感をアップするには
顔まわりニュアンスも重要

前髪をラフに崩す、顔まわりの毛先をちょっと遊ばせる、ほんの少しニュアンスの引き出しを増やせば、お洒落な雰囲気をすぐに演出できます。とくにマニッシュな服の時には、メイクのアクセントとして上質なキラッと感やツヤをプラスするのと同じように、髪をウェットな質感に仕上げるアプローチは、これまでのコンサバ感を一新してくれるのでおすすめです。

Today's outfit.

<衣装>
ジャケット ¥97,900-
  パンツ ¥67,100-
共にforte_forte

お問い合わせ先
CORONET  03-5216-6518

ネックレス ¥36,300-
Rieuk

お問い合わせ先
Rieuk info@rieuk.com

全て税込み表記

<コスメお問い合わせ先>
LAURA MERCIER(ローラ メルシエ ジャパン)
 0120-343-432
D-UP(ディーアップ) 0120-39-8037
JILL STUART BEAUTY(ジルスチュアート ビューティ)
 0120-878-652
PARFUMS GIVENCHY(LVMHフレグランスブランズ)
 03-3264-3941
OPERA(イミュ株式会社) 0120-371-367
LUNASOL(カネボウ化粧品) 0120-518-520


編集/安田光絵
取材・文/石塚久美子
撮影/嶌原佑矢
ヘアメイク/笹本恭平
スタイリスト/ギブソン三浦真紀子
モデル/比留川游

BACK NUMBER

バックナンバー

VIEW ALL

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、世界中の国々から、
contribution(貢献)とsolution(解決)のある情報を発掘してお届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!