イタリアンの定番!ミラノから簡単、絶品のバジルレシピを大公開。 | キレイノート

KIREI NOTE

07/FOOD

2021.06.02

イタリアンの定番!ミラノから簡単、絶品のバジルレシピを大公開。

イタリア バジルレシピ

優秀ハーブ、バジルについて知ろう

イタリア料理では、お馴染みのバジル。ピザ・マルゲリータに乗っているだけで、甘みのある爽やかな香りが広がるシソ科のハーブです。

イタリアでは、南仏に近い海沿いの州、リグーリアのバジルが有名です。太陽をたくさん浴びて育ったバジルはメンソール成分が少なく、料理に多用されます。

バジルの栄養素といえば、まず挙げられるのが豊富なβ-カロテン。免疫力を高め、老化原因となる活性酵素を抑制する抗酸化作用があり、他にもビタミンE、ミネラル、カルシウム、カリウムも多く含まれています。香りにはイライラ・不安を抑えるリラックス効果があり、殺菌・抗菌作用が高く風邪などの予防、偏頭痛の鎮静効果もあると言われています。

7月から10月にかけて旬のバジルは、日本でも育てやすいハーブ。日当たりの良いベランダなどに置いてしっかり水やりをすると 、次から次へと葉を茂らせます。

バジルを使った簡単なレシピを2つご紹介

★カプレーゼ

モッツァレラチーズを見つけたら、やはり夏が旬のトマトと合わせたカプレーゼがおすすめ。ビタミンカラーの見た目から元気になる、夏バテ効果抜群の前菜です。

材料(2人前)

・バジルの葉 数枚

・モッツァレラチーズ 1個

・トマト 1個 または ミニトマト 適量

・オリーブオイル 大1

・塩・胡椒 少々

・バルサミコ酢(お好みで)

チーズとトマトをバランスよく盛り合わせ、バジルの葉を乗せて、オリーブオイルと塩(プラスお好みでバルサミコ酢)を全体にかけて出来上がり。

★ペスト・アッラ・ジェノヴェーゼ

バジルがたくさんあれば、まずはペースト状にしてみましょう☆魚や肉料理のソースとしても重宝します。ちなみにイタリアでは、このバジルソースを「Pesto(ペスト)」または「Pesto alla Genovese(ベスト・アッラ・ジェノヴェーゼ)」と呼んでいます。「パスタ・ジェノヴェーゼ」と頼むと、牛肉を煮込んだ全く違うソースのパスタを意味します。ややこしいですね。。

材料(4人前)

・若いバジルの葉 50g

・松の実 15g

・ニンニク 小1片

・オリーブオイル 80ml

・塩・胡椒 少々

・パルミジャーノ・レッジャーノチーズ すり下ろし 80g

全ての材料を擦るか、高速プロセッサーにかけて出来上がり。

イタリアでは、伝統的な大理石のすり鉢を使うなどのこだわりもありますが、まずは手軽な道具で作ってみるのが一番だと思います。

まとめて作ったら、保存も可能。

・冷蔵の場合 容器上部にオリーブオイルを加えて1週間

・冷凍の場合 2ヶ月

解凍後パルミジャーノチーズとオリーブオイルを足すと、美味しくいただけます。

普段は、イタリア人も市販の瓶詰めのソースを使います。ニンニクあり(con aglio) とニンニクなし(senza aglio)の2種類が売られています。

ペストに使う伝統的なパスタの種類は、トロフィエ。リグーリア生まれのねじれたショートパスタです。トロフィエは日本でも売られていますが、スパゲッティやフッジリなどで代用しても、ちゃんとソースが絡みます。ソースには火を通さず、茹でたパスタに和えて完成です。

本場リグーリアのペストには、茹でたインゲンとジャガイモも入っています。一皿で手頃に美味しく栄養が取れてしまう、昔から「ケチで寛容」と形容されるリグーリア人らしい一品なのです。写真は、リグーリア州・サンレモで人気のレストラン「RISTORANTE FLIPPER」の一皿。

イタリア産の白ワインとの相性抜群! これからの季節、ぜひバジルを食卓に取り入れてみてくださいね。

CATEGORY

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは、日本と世界に満ち溢れている
“キレイ”をさがして、旅をする人のノート。

新しいものに出会ったときのワクワクが大好き。
本当に自分に合うアイテムや
メソッドを見つけたい。
次の旅先やいつか訪れたい国の
トレンドを覗いてみたい。

そんなキレイへの好奇心は、
きっとあなたとわたしの毎日をより豊かに
輝かせてくれるはず。
キレイノートはそんな想いのもと、
日本国内はもちろん、
世界中から心ときめく旬な情報を
お届けしています。

気になる国をトリップ!