from Taiwan Taiwan

一泊二日でキレイになる 台北美容旅おすすめスポット(美食編)

一泊二日でキレイになる 台北美容旅おすすめスポット(美食編)

羽田空港から約3時間。旅行代金も手軽で見どころいっぱい、美味しいものいっぱい、新幹線でもすぐに観光地に行けてしまう好立地で、週末弾丸旅行でも思いっきり遊べるのが台北。

せっかく行くなら、日本よりリーズナブルに美容を楽しめる、美容スポット巡りがオススメです。

今回、2か月続けて台北に飛び、実際に歩いて様々な美容食と美容スポットを体験。

その中でも、本当に行って良かった場所を、厳選してご紹介します。


美味しく食べてキレイになる


台湾は、食事の美味しさでも有名。とくに、日本人の口に合う味付けが多いので、老若男女問わず楽しめます。

また、漢方が身近にあり、漢方を使った料理や薬膳スイーツが街中でいただけるのも魅力。

美味しくて、お腹いっぱい食べて、キレイになれる「ギルティフリー」な食をぜひ思いっきり楽しんで。



朝ごはんは、豆漿(ドウジャン)で女子力アップ!




台湾の伝統の朝食といえば、豆漿(ドウジャン)。これは、塩味の豆乳に、お酢、刻んだザーサイ、干しエビ、ネギ、ラー油などを加えたいわば、豆乳スープ。台湾にとって、豆漿と、それに浸して食べる揚げパン「油条」は、日本の「白米と納豆」のセットのようなもの。

台湾の方は、朝ごはんを外で食べるのが日常ということで、早朝から豆漿がいただけるお店が街中にあります。

今回、訪れたお店は、地元の人に愛され続けている老舗。私が行ったときは、観光客はほとんどいなくて、現地の方たちでいっぱいでした。




お店の壁には、豆乳を効能がどどんと貼ってあります。

見出しには、「毎日500cc飲むと更年期障害の症状を緩和する」という文字が。

そう、女性ホルモンを活性化することで知られる豆乳は、美肌をはじめ、女性に嬉しい効果があるのです。



 

こちらの鹹豆漿(20台湾元、日本円で約70円)は、台湾っ子お墨付きなだけあって、塩味と具のバランスが最高! 

ふわふわと固まったなめらかな豆乳に、ザーサイのシャキシャキ感と干しエビの旨味がたまらない!

 

豆乳の植物性たんぱく質のほかに、動物性たんぱく質も摂りたいので、もう一品は葱入り卵焼き(葱花蛋)(台湾元20元、日本円で約70円)をオーダー。

なつかしい、お母さんの塩味の卵焼きのような雰囲気で、ペロリといけてしまいます。

 

早朝から開店していて、雙連朝市の目の前にあるお店なので朝の観光がてら、ぜひ訪れてみてください。



 

世紀豆漿大王


住所:103台北市大同區萬全街16

電話:02-:02-25577966

営業時間:4:0011:3016:3021:30

無休

 

有機鍋でヘルシー食材を堪能




台湾在住のライターさんの紹介で訪れたのが、こだわり有機食材を使った火鍋のお店。

産地から食卓へ、という理念のもとで自家農園で育てたオーガニック野菜や、健康的に育った放し飼いの鶏などを提供しています。

まず、チキンスープ(68台湾元、日本円で約230円)や焼きトマトとオージービーフスープ(128台湾元、日本円で440元)、酸っぱい白菜スープ(128元)など、数種の中から鍋の出汁をセレクト。

さらに、海の幸、山の幸などの具、それから前菜、ご飯の種類もルーローファン、タロイモのご飯から選べます。

テーブルに乗りきらないほど食材がたくさん!

 

私は海の幸(780台湾元、日本円で約2700円)を選んだのですが、新鮮な魚やぷりっぷりの牡蠣、そのほか柔らかな牛肉までついてきて、大満足。

こんなに食べたのに胃がスッキリしていていて、カラダ全体が滋養されたのを実感。

エネルギーチャージできて、旅がますます充実するはず!

ちなみに、一人用の鍋もあるので一人旅で火鍋が食べたいときにも◎。


 

タレは、ネギ、赤唐辛子、醤油、ニンニクなどをセルフでブレンド。




GREEN&SAFE」というオーガニックスーパーが併設。野菜や果物、乾物、調味料までオーガニック食材が揃います。

 

齊民市有機鍋物 東門店

住所:台北市信義路二段158号2楼

電話:02-23960120

営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00

土日11:30 ~22:00

無休


 

地元の学生でにぎわう薬膳スイーツ




歩き疲れて小腹が空いたら訪れたいのが、台湾スイーツのお店。

台北のスイーツ店の中でも老舗のお店で、レトロな雰囲気も素敵。ピンクの体育着を来た学生たちでにぎわっていました。




オーダーしたのは、台湾の伝統的なおやつとしてメジャーな豆花。日本で言うお豆腐です。ひとつめは、肌をしっとりと潤わせてくれる漢方食材でもある白きくらげ入りの豆花をセレクト(銀耳豆花 45台湾元、日本円で約155円)。

ぷるんとした豆花は大豆の味が濃くて、白きくらげのプリプリとした歯ごたえとマッチ。スープは、ほんのり甘くて生姜風味。蒸し暑い時期や、甘い物ニガテな人でもさらりと食べられてしまいます。

 



もう一品は、肌のイボを取るほか美白作用のあるハトムギ入りのかき氷。薏仁55台湾元、日本円で約190円)。

シャリシャリの氷に、こちらも漢方食材のプチプチ触感が楽しいハトムギ。これに、黒糖シロップと練乳が絡んでヤミツキになりそう! こちらも甘さは控えめ。男子学生たちもパクパク食べていました。

 




山水伯爵豆花


住所:台北市台北市四維路15429

電話:02‐2708‐7740

営業時間:11:3022:00

休:日曜



創業120年の老舗で烏龍茶を購入

 



台湾といえばお茶でも有名。とくに、台湾茶の代表でもある烏龍茶は美容効果が絶大。

烏龍茶に含まれるポリフェノールは脂質の分解を促したり、利尿作用でむくみを改善するほか、アンチエイジング効果に優れているといわれています。

そこで、せっかく台北に来たら自分や家族、友人へのお土産にぜひ購入したい!

今回、評判を聞いて訪れたのが、1883年創業のお店。

こちらは問屋さんなのでクオリティの高いお茶を他店よりも安く買うことが出来るんです。



「試試看(シーシカン」と伝えると、凍頂烏龍茶を試飲させてもらえます。爽やかなのにコクがあって、香り高さにうっとり。いつまでも飲んでいたいほどでした。




南国の植物やお茶の葉が植えてある中庭も素敵。




さらに進むと、奥にはお茶の焙煎所が。自由に見学させてもらえます。

 

 

値段は、クオリティによって違いますが、値段のリーズナブルなもので150g 150台湾元(日本円で約500円)。

試飲したのがこれですが、じゅうぶん美味しい。袋に小分けになっていて、お土産にも最適。

お茶を詰める缶も別売りで購入できます。

 

 

住所:台北市大同區重慶北路二段193

電話:02-25573506
営業時間:07:3021:00

無休