王妃も愛用。ポルトガル老舗発、100年愛されるビーガンコスメ

03 SKIN

2020.09.07

王妃も愛用。ポルトガル老舗発、100年愛されるビーガンコスメ

ポルトガル コスメショップ

リスボンの港を臨む、老舗コスメショップ

 

世界一美しい港町と讃えられる、ポルトガルの首都リスボン。

15世紀には世界の貿易の中心地として賑わい、多くの冒険家たちがこの地から新大陸を目指しました。

そんな過去の繁栄と移り変わりを見守り続けてきた港に、ポルトガル人なら誰もが知るコスメショップがあります。


1925年、リスボンで誕生した「BENAMÔR」は、創業時からのレシピを大切にしているナチュラルコスメブランド。

ポルトガルの温暖な気候で育ったオーガニックレモン、バラ、アロエベラ、アーモンドなどを原料に、自社工場で手作りされています。


昔から変わらない、レトロなアール・デコ調のデザインも人気の秘密 。

19世紀初頭、BENAMÔRのコスメはリスボン中で大人気となり、かつてのアメリー王妃も愛用したことで知られています。 


色あせることなく今でも輝き続けている理由は、ブランドのクオリティと透明性、安全性にもあります。

ビーガンにこだわり続けてきたコスメは、動物実験はせず、パラベン不使用。

保存料を最小限に抑え、プラスチックをできるだけ排除したパッケージングで環境にも配慮しています。 

 

ブランドに愛情と誇りを持って、丁寧に接客してくれた店員さん。


ショップの中央には流し台があり、気になったアイテムを気軽に試しながら、ゆったりと買い物を楽しめます。

ポルトガルの伝統的な美肌成分を堪能 


ボディケアコスメは、主成分や香りが異なる5タイプから選びます。

左から、リスボンを象徴する花の香りの「ジャカランダ」、シアバターがたっぷりの「ゴルディッシモ」、美肌効果の高い牛の羊膜エキス「アラントイン」、卵エキス配合の「ナタ」、そして「ローズアメリー」。

 

永遠の定番とも言えるのが、アメリー王妃にトリビュートされたローズシリーズ。

シャワーソープやボディクリームが揃います。高貴なローズの香りとともに、アルガンオイルやシアバターなどでしっとりと保湿します。

 

卵エキスのシリーズは、肌の柔軟性を高める白身成分と、皮膚トラブルにも効く卵黄レシチンからなり、敏感肌の方にもおすすめです。


フェイス用コスメは、オーガニックローズが配合されたこちらのシリーズ。淡いピンク色のパッケージが目印です。

中央のチューブタイプの「ミラクルフェイスクリーム」(19ユーロ/ 2,400円)は、シミや黒ずみに効果を発揮し、顔色を明るく整えます。

95年前の発売当初は、どんなに斬新でセンセーショナルだったことでしょう。当時カルト的人気が出たのも頷けます。 


「ホイップフェイスクリーム」(28ユーロ/ 3,500円)は、満を持して発売された、店員さんも大絶賛の新商品。

98%が自然由来成分で、ビタミンEとダマスクローズの美肌効果が詰まった一品です。

その名の通り、ホイップクリームのような軽いテクスチャーで、肌に馴染ませると水のように浸透します。

ガラス製のボトルとアルミの蓋で、環境にもしっかり配慮されていることがわかります。

 

「ミラクルリップクリーム」(7ユーロ/ 900円)は、自然美容成分がたっぷり。就寝前のリップケアにもオススメです。


華やかな香りに包まれ、レトロなパッケージに恋をし、優しい店員さんにほっこりさせられながら1世紀前の女性たちの熱狂に思いを馳せる、そんな至福のひと時でした☆

自宅での集中ケアに。フランス最高峰ブランドのシートマスク 伝統医学の力で寝ている間にキレイになれる、新感覚スキンケア