ヘアメイクアップアーティストが提案 美人度アップの簡単メイク-ピンクをベースメイクに忍ばせてつくるハッピーフェイス- ヘアメイクアップアーティストが提案 美人度アップの簡単メイク-ピンクをベースメイクに忍ばせてつくるハッピーフェイス-

プロのヘアメイクさんからいつもと同じになりがちな
大人女子メイクに新提案!
簡単なプロセスと、仕上がりが大きく変わる
テクニックを教わります。

佐藤美香
教えてくれるのはこの人

ヘアメイクアップアーティスト
佐藤美香

女優、タレントのヘアメイクをはじめ、広告、雑誌、メイクセミナー等、様々な分野で活躍中。
キレイノートでは森絵梨佳さんのヘアメイクを担当。

ピンクをベースに忍ばせてつくるハッピーフェイス ピンクをベースに忍ばせてつくるハッピーフェイス

寒い日が続き、体の冷えを感じる方も多いのでは。
体が冷えれば血の巡りも悪くなり、
血色のない顔になってしまいがち。
顔色に血色感を出すために、ポイントメイクで
カバーすることも少なくないですよね。
そんな時にポイントメイクにプラスして
知っておきたいのが、明るさと立体感が出る
基本のベースメイク作り。

簡単なプロセスをマスターするだけで、
フラットで血色感の無いように見えるお顔にも
凹凸が出て、顔が一回り小さく見えるように。
さらに、基本のベースメイクにこの時期プラスしたいのが、
“ピンク”のポイントカラーアイテム。
一見難しいように感じるかもしれませんが、
ピンクの選び方と使い方さえわかれば、
ハッピー感溢れる血色顔が簡単に手に入ります。
ぜひ両方合わせて挑戦してみて下さいね。

 TYPE.ベースver.  TYPE.ベースver.

顔色も明るく小顔見えも叶う基本のベースの作り方 顔色も明るく小顔見えも叶う基本のベースの作り方

いつものクセでマンネリしがちなベースメイク。
実はベースメイクは、使う色や塗る量、ファンデーションを塗る場所など、ちょっと工夫するだけで顔色を明るくし立体的なお顔に仕上がっちゃうんです! これさえ知っておけばベースだけで小顔見えが叶いますよ。

顔色を明るく見せるためにピンク系の下地を使用。手の甲にいつもより少し多めに化粧下地を出します。この量が顔全体分。その都度ちょこちょこ出して塗るとむらの原因となるので気をつけましょう。

中指、薬指を使って下地をくるくると指になじませ、その指をスタンプのようにして顔にのせていきます。

特にきれいに見せたい部分、両頬・おでこ・あご先・鼻先にのせていきます。顔の高いところからのせていくことでお顔が立体的に見えやすくなりますよ。

化粧水をつけるようなイメージで、両手の指の腹を使いぴたっとなじませていきます。ぎゅーっと引っ張らずにおさえるのがポイントです。

下地はしっかり首までのばしておきましょう。首が暗いとメイクが濃く見える原因にもなってしまうので、スキンケアと同じで首までなじませることが大切です。

そのままだと指のあとや塗りむらが残ってしまうので、厚めのスポンジを使って表面をなじませます。圧はかけずに優しくすべらせるように。

頬の高い部分に逆三角形にファンデーションをのせます。逆三角形の中心にはあまり触れず周りを肌へなじませましょう。そうすると立体的な肌に。仕上げにスポンジを使用し、むらをなくします。

下地と同じくお粉もピンク系のものを。容器から出したお粉はパフにまばらについているので、まずはパフにきちんとなじませましょう。手の甲でつき具合を確認してから顔にのせることでむらなくキレイにのりますよ。

お粉は肌の表面にふわっとのせることでツヤのトーンを柔らかくします。強く押しつけたりたっぷりつけてのばしてしまうと、粉っぽい顔に仕上がってしまうので注意。

TYPE.ポイントメイクver. TYPE.ポイントメイクver.

“ピンク”はトレンドのスモーキーカラーをチョイス “ピンク”はトレンドのスモーキーカラーをチョイス

可愛いとは思いつつも意外と敬遠しがちな
“ピンク”。
そんなピンクは使い方によって顔色を明るく見せたり、
ハッピーな雰囲気を作ったりと嬉しい効果がたくさん
あります。
つける場所やつけ方さえわかれば、
誰でも簡単、
大人フェミニンメイクに挑戦できますよ!

今季トレンドのスモーキーなピンクアイシャドウを、アイホールに大き目のブラシでふわっとのせ、同じ色を目の際に細めのブラシかチップで重ねます。

下まぶたにも同じピンクを。ブラシの先を使ってちょんちょんと置くようにいれることで、ほんのりきらめきが出てツヤっぽい目元に仕上がります。

マスカラは根元からまつ毛を持ち上げるようにしてつけましょう。根元にしっかりつけることでアイラインを入れているかのように目元がしまります。

下まつ毛にも軽くマスカラをつけることで、さきほどつけた下まぶたのアイシャドウとコントラストをつけます。

チークはフェイスラインともみあげ辺りから放射状に広げましょう。ポイントは力を入れずにふわっとのせること!陰影を高めることでより顔の中心が明るく見えますよ。

ハイライトは練りタイプでツヤ感アップ。眉頭の上・鼻根・目尻の下・上唇の上・あご先に指で軽くおさえるようにのせます。ポイントを絞ってつけることでよりハイライトが際立ちますよ。

これは小技ですが、先程の練りハイライトを鎖骨にものせると、錯覚効果で首がスッと長く見えるんです!デコルテがあいたお洋服を着る時はぜひ試してみて下さいね。

下地として全体にリップクリームをつけておき、濃いめのピンクリップを唇の中心から指でのせます。そうすることで濃い色でも濃くつきすぎないので◎。足りない時は重ね塗りで調整してみましょう。

CHECK IT CHECK IT

シチュエーション別リップの塗り方も是非参考にしてみて下さいね。
記事は こちら

今回は、ベースにもポイントにもピンクを取り入れた”ハッピーフェイス”の作り方をご紹介しました。簡単なテクニックなので、寒くて顔色が悪くなりがちな今の季節にぜひ取り入れてみてくださいね。
次回は、誰もが一度は悩んだことのあるアイブロウメイクのコツをご提案します!お楽しみに。