解放感満載 アムステルダムの新天地オーガニックカフェ | キレイノート

KIREI NOTE

07/FOOD

2019.10.09

解放感満載 アムステルダムの新天地オーガニックカフェ

アムステルダムのキテレツ空間   NDSM 地区へ

水の都、オランダ。
アムステルダム中央駅の北側からは、今注目を浴びる北地区へ向かうフェリーが、無料で巡回しています。
今回目指した場所は、「 NDSM 」。 NDSM という造船会社が 80 年代に倒産して以来、廃墟となりスラム化したこの地区で、近年アムステルダム市による再開発が始まりました。 現在はクリエイターやモードに敏感な企業が居を構え、アートなエリアへと変貌し、観光客も多く訪れるようになりました。

フェリーが到着する手前で出迎えてくれたのは、天にそびえる巨大クレーン。
これが「 FARALDA CRANE HOTEL 」という、 3 スイートルームが完備されたデザイナーズホテルというから驚きです。

船着場から上陸してみると、そこは廃墟・廃材を奇想天外なアイディアで再利用した、施設やオブジェの宝庫でした。
今までの「街」という概念が一瞬で吹き飛んでしまうほど、何もかもが規格外。そもそも NDSM という名称からして、普通じゃありません。

道と敷地、本気とジョークの境目もなく、あるのはこんな役立たずの看板だけ。グーグルマップもあてにならず道に迷っては変なものに遭遇し、最初はとんでもないところに来てしまったと思いました。 

この巨大倉庫では、毎月ヨーロッパ最大のフリーマーケット「 IJ-Hallen 」が開催されています。 

館内には、現代版「千と千尋の神隠し」のような世界が広がっていました。若いクリエイター達にとって理想郷で、思い思いに作業する人達。芸術をしっかりサポートする、オランダの懐の深さを垣間見た気がしました。 

河岸のオープンカフェで最高のランチタイムを

ようやく、目的の「 NOORDERLICHT CAFE 」に到着。
こちらのカフェではオーガニック料理を楽しむことができ、様々なイベントも開催されています。  

入り口では、週末に予定されているサーカスの準備をしていました。作業の様子を見ていると、サーカスと言ってもアートとヒッピー色の強い、かなりユニークなイベントのようです。 

巨大グリーンハウスのインテリアは、全て廃材で作られています。ミスマッチな素材が、絶妙な統一感を醸し出していました。 

全てガラス張りで、オランダ特有の暗い冬の日でも楽しく過ごせそうな、カラフルで解放的な雰囲気。

この日は天気に恵まれ、皆テラスでゆっくりと食事やお茶を楽しんでいました。 

地面の砂も、リラックス空間作りに一役買っています。オーストラリアのバイロンベイビーチを彷彿とさせる、ゆるーい空気。心地よいアコースティックギターのバックミュージックが、さらに頭のスイッチを緩めていきます。  

飲み物は、オーガニックのアップルジュース( 3.6 €/約 400 円)
をオーダー。オランダではオレンジジュースと並んで定番のアップルジュースは、風味が強くしっかりとした味わいです。 

メインディッシュは、ベーガンメニューの一つ、スイートポテトのファラフェルピタサンド( 9.5 €/約 1,200 円)。揚げたてのファラフェルの上に、赤カブと大根とキュウリ、サラダがわさっとトッピングされています。中近東のマヨネーズのような味わいのタヒーナソースは濃厚で、あっさりとしたピタの生地との相性も抜群。色々な食感が同時に楽しめる、ボリューム満点の一皿でした。 

ランチ以上にこのエリアのインパクトが強すぎたため、食レポが薄くなってしまいましたが、ファラフェルサンドは本当にとても美味しかったです!

奇想天外地区の、究極のリラックスカフェ。
旅のハードスケジュールから一旦抜け出して、ゆったりと散策がてら 訪れてみてくださいね。

SHOPLIST

CATEGORY

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは、日本と世界に満ち溢れている
“キレイ”をさがして、旅をする人のノート。

新しいものに出会ったときのワクワクが大好き。
本当に自分に合うアイテムや
メソッドを見つけたい。
次の旅先やいつか訪れたい国の
トレンドを覗いてみたい。

そんなキレイへの好奇心は、
きっとあなたとわたしの毎日をより豊かに
輝かせてくれるはず。
キレイノートはそんな想いのもと、
日本国内はもちろん、
世界中から心ときめく旬な情報を
お届けしています。

気になる国をトリップ!