ナチュラル好きの中で話題 to/oneのコスメを使ってみた | キレイノート

KIREI NOTE

02/MAKE

2019.01.10

ナチュラル好きの中で話題 to/oneのコスメを使ってみた

昨年登場したコスメブランド to/one( トーン ) 。
「目に見える美しさだけではなく、素肌や心の美しさを引き出すナチュラル &  オーガニック メイクアップブランド」というコンセプトのもと、全国に4店舗ある Make ↗ Kitchen (メイクアップキッチン)で取り扱いがあります。
エンリッチオイルやブースターセラムなどのスペシャルケアのラインも人気ですが、今回ご紹介するのはリップグロスとマスカラです。
このふたつも雑誌のビューティーアワード等を受賞しているものなので、期待ができます。

お店に入ると洗練された雰囲気で、チークやアイカラーなど発色の良さそうなものが目立ちます。

リップもたくさんのカラーが揃っていて充実しています。 

艶感が持続する優秀グロス

まずは、その中からペタルエッセンスグロス(税込 2700 円)。
こちらのグロスは、二つのオーガニック認証を取得しているモロッコ産のウチワサボテンオイルとラベンダー、ローズなどのフラワーエッセンスを配合しています。

つけている間の唇をいたわり、透明感を出してくれるそう。
定番の 10色に加え、 8月20日に発売されたのは 2018年秋冬コレクションも仲間入り。
秋冬カラーは 3 色ありますが、今回は使いやすそうな 13番のレディーライクレッドを試してみることにしました。

見たところ色味が少し濃く感じますが・・・

実際に唇にのせてみると、見かけよりも薄づきです。
意外と可愛らしい色で、うるうるに仕上がりました。普段のポイントメイクにも使いたい色味です。
オイルの効果か、潤いが続くので乾燥が気になるときも重宝しそう。
テカりすぎず、パサつきすぎないというのはリップのコスメを選ぶのにかなり大事な要素になりますよね。
質感、発色ともに大満足。
他にも13種類のカラーがあるので、他のカラーもぜひ試してみたいと思いました。

ブラックよりも優しい目元に

もうひとつはロングラッシュマスカラ(税込 3024 円)。
こちらも同じくウチワサボテンオイルとフラワーエキスを使用。

フィルムタイプなので、お湯で簡単にオフすることができます。クレンジングで繊細な目の周りをこする必要がないのは、嬉しいポイントです。
スタッフさんの愛用率も1位だそう。

全 3 色展開ですが、今回はおすすめのバーガンディを使用してみます。
ブラウン系ですが少し赤みがかっていて、珍しいカラーです。

軽いつけ心地で、繊維も多くないのでダマになりにくいです。
何度か重ね付けすると、まつげをロングに仕上げてくれます。
ただちょっとカールのキープ力が弱いかも・・・。もう少しカールの形状を維持してくれると嬉しいところです。
黒いマスカラよりも目元が優しく柔らかい印象になるので、少しイメージを変えたいときに活躍しそうです。 

ナチュラル派も個性派も

今回は去年できたばかりの to/one から人気のメイク用品を 2 種類試してみました。
オーガニックコスメと聞くと、発色がいまいちというイメージがある方も多いかも知れませんが、そのイメージがかわるかもしれません。
ナチュラルなメイクだけでなく個性的なメイクも楽しめると思います。
ぜひあなたに似合うカラーを見つけに行って みてくださいね。

CATEGORY

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは、日本と世界に満ち溢れている
“キレイ”をさがして、旅をする人のノート。

新しいものに出会ったときのワクワクが大好き。
本当に自分に合うアイテムや
メソッドを見つけたい。
次の旅先やいつか訪れたい国の
トレンドを覗いてみたい。

そんなキレイへの好奇心は、
きっとあなたとわたしの毎日をより豊かに
輝かせてくれるはず。
キレイノートはそんな想いのもと、
日本国内はもちろん、
世界中から心ときめく旬な情報を
お届けしています。

気になる国をトリップ!