スイスのオーガニックレストランで、地元の「旬」をいただく。 | キレイノート

KIREI NOTE

FOOD

2020.01.05

スイスのオーガニックレストランで、地元の「旬」をいただく。

今日やってきたのは、スイスのチューリッヒ中心地からバスで約15分、静かな住宅地にあるオーガニックスイス料理レストラン、Tüfi。

2001年にオープンしたこちらのレストランは、地元で大切に育てられた旬のオーガニック食材を使った料理が食べられることで人気です。

陽の光が差し込む窓辺でいただく、スイスの郷土料理

天気の良いこの日、陽の光がたくさん差し込む窓際の席に案内してくれました。落ち着いた雰囲気の店内でゆっくりお料理を頂けそうです。

まず注文したのはスイスのRäuschlingというブドウ品種で作られたBIOワイン。
Bio Räuschling Turmgut 2017 (CHF 8.50/約930円)

シトラスとアーモンドがほのかに香る、スイス料理にぴったりのワインをおすすめされました。初めてのスイスワインですが、とっても美味しいです♪

それでは次に食事を選んでいきます!

メニューの最初のページには、”Tüfiでは、環境のことも考えて栽培された、その時の旬のオーガニック食材を使ったスイス料理を提供しています”と書いてあります。

スターターとして頼んだのはこちらの季節のスープ。
秋の始まりのこの時期は、かぼちゃスープでした。(CHF 8.00/約8,80円)

こってりとしたかぼちゃの深い味が、寒くなってきたこの時期の身体に染みます。
秋の味覚が味わえて、季節感が感じられるスターターです。

一緒に出してくれたパンをつけて食べても最高です♪

メインとして頼んだのはこちら!
チューリッヒの郷土料理、Kalbsgeschnetzeltes (CHF 39.80/約4,380円)

子牛のお肉にマッシュルームや玉ねぎなどが入ったクリーム煮込み。カリカリに焼いた細切りポテトが添えられています。

濃厚なクリームソースが柔らかいお肉に絡んでとっても美味しい! 少し日本人には塩気が強いかなと思いましたが、味の濃いのが好きな人にはちょうど良いのかも。

個人的には、この表面カリカリ中は柔らかいRöstiというポテトがお気に入りでした。初めて食べるポテトの食感で、とても美味しかったです♪

食後にエスプレッソをいただいて、食事を終えます。
Tüfiではベジタリアンやビーガン向けのメニューも用意してあるそう。

地元で大切に育てられた、旬の食材を使ったスイス料理がいただけるTüfi。
チューリッヒにお越しの際は足を運んでみてはいかがでしょうか♪

SHOPLIST

Tüfi

Dufourstrasse 154, 8008 Zurich-Seefeld

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!