味方がいるから
ポジティブに挑戦できる!

高橋ユウ
2019.11.13
味方がいるから
ポジティブに挑戦できる!アイキャッチ画像

味方がいるから
ポジティブに挑戦できる!

高橋ユウ
2019.11.13

味方がいるから
ポジティブに挑戦できる!

個性と才能、そして美しさを携えながら業界の最前線に立っている、女優、タレント、モデル、ミュージシャンのみなさん。彼女たちは普段どんなセルフケアやメイク、ストレス解消法を実践しているのでしょうか?外見はもちろん、内面も“キレイ”でいるための“メソッド=方法”をご本人から特別に教えてもらう企画、それが『キレメソ』。

今回のゲストは、今年妊娠を発表し、公私ともに充実しているモデル・高橋ユウさん。抜群のスタイルと、まわりにいる人を魅了する明るい笑顔の源を探っていきます。

エクササイズ ハードにせず、継続させることを重視 エクササイズ ハードにせず、継続させることを重視

妊娠がわかるまで、週に3、4回は朝ランニングをしていました。体力維持というのはもちろん、1日のスタートを切るためにも体を目覚めさせることが主な目的です。
だから、スピードはゆっくりペース。ハードにしていないので、何年も続けられているのでしょうね。
また、体を動かしたあとに、カフェで飲むモーニングコーヒーがおいしんです! この“ごほうび”があるから、続けられているのかも(笑)。朝のわずかな時間ですが、私にとって、新しい1日を迎えるための大切なひとときになっています。

みなさんよく、私が体をガチガチに鍛え上げていると思われているようなのですが、ワークアウトは週1回やるかやらないかという程度なんです。私が理想としているのは、女性らしいやわらかさの残るボディラインなので、筋トレはそこそこでいいと思っています。
それに、トレーニングの一環として食事を制限するなんて私にはできない!(笑) とにかく食べることが好きなので、トレーニング後でも、食べたいときはカロリーを気にせずピザを食べることもありますね。

今ハマっているのはピラティス。インナーマッスルを鍛えるために始めたのですが、日々、体幹が鍛えられていくのを実感しています。例えば、立っているときにバランスを崩してよろけてしまっても、自分で体をコントロールして無理なくすぐに立て直せるようになりました。また、体自体、動かしやすくなった気がします。さらに、姿勢がよくなったり、むくみもなくなったりして、体の質がよくなっているのを日々感じています。
何ごともストイックになりすぎなくていい、と思い始めたら、体も気持ちもラクになったのか、私の場合はいい方向に向いていきました。

自炊 食材選びも調理も楽しみながら 自炊 食材選びも調理も楽しみながら

夫はアスリートなので、長い間ずっと栄養面に気をつけて生きてきた人です。そんな彼から刺激を受けて、栄養を意識して料理をするようになりました。心がけているのは、良質なたんぱく質、発酵食品、疲労回復に効果があるとされるクエン酸やネバネバ食材を積極的にとること。まだまだ凝った料理のレパートリーは少ないですが、私自身もおいしいものを食べたいので、これからどんどん料理の腕を上げていきたいです。彼も特に好きだと言ってくれるフィリピン料理は、いつか私の母のレシピを忠実に再現できるまでになりたいですね。

最近はスーパーの食品売り場で、夫のために食材を選ぶのが楽しくて楽しくて♪ 家族の健康を考えながら食事を作るというのは、これまで味わったことのない感覚で、心がとても満たされます。

睡眠 ゆったり行う入眠の儀式で翌朝爽快 睡眠 ゆったり行う入眠の儀式で翌朝爽快

仕事終わりが遅くなり、ふだんより睡眠時間が削られてしまうと、翌朝肌がくすんでいたり、吹き出物ができたり、肌にすぐ表れてしまうんです。きっとみなさんも経験されていると思いますが、そんな日は1日中、人に会いたくなくなったり、うつむいていたりと、メンタルもマイナスになりがち。そこで、睡眠は最低8時間を確保するだけでなく、睡眠の質にもこだわってみることにしたのです。
基本的なことですが、入眠前はテレビを消してスマホもさわらない。そして、暗い部屋で深呼吸しながらストレッチをします。まるで入眠の儀式のように(笑)。

ゆっくり自分のペースで続けていると、次第にフッと体の力が抜け、自然と横たわりたくなってきます。そのままゆったりと入眠するからか、翌朝の目覚めはスッキリ爽快!
これ、とってもオススメですよ。

寝つきがよくないときは、アイマスクを使います。愛用しているのは、オーガニックコットンブランド「nanadecor」のもの。肌あたりが心地よくてお気に入りです。
アイマスクをつけるのは光を遮断する意味もありますが、眉間の中央あたりにある「第三の目(サードアイ)」を休ませるため。
ここは、目や神経系、感覚器官、脳との関連が深いとされていると聞いたので、心身ともに十分に休息させるには大切だと思いました。

スキンケア 肌状態によって、アイテムを上手に使い分け スキンケア 肌状態によって、アイテムを上手に使い分け

普段は、スキンケアのいちばんはじめに、導入美容液としてアルマードの「チェルラーブリリオ」を愛用しています。エイジングケア成分として話題の“卵殻膜エキス”が高濃度配合されているので、ツルンとしたむきたまご肌になれるんです!

でも、半年ほど前から全身の肌が過敏に。そこで、ヘアメイクさんに教えてもらった敏感肌用スキンケアシリーズ「ミノン アミノモイスト」に出合いました。肌にやさしく使えたので、当時の私には「奇跡の出会い」くらいうれしかったですね。同時に、肌に負荷を与えすぎないことの大切さを痛感しました。
それからは、「チェルラーブリリオ」と「ミノン アミノモイスト」に頼りきっています。「ミノン」のシャンプーもボディケアもおすすめですよ。

肌って、自分が思っている以上にセンシティブ。季節の変わり目やホルモンバランスによって肌状態は変化するので、「これしか使わない!」と意地にならず、そのとき肌が欲しているものを与えることがいいのだと、改めて実感しています。

ライフスタイル オンもオフも気を張りすぎない ライフスタイル オンもオフも気を張りすぎない

じつはこう見えて(笑)、仕事や家事など何かをする前に、「ああしなくちゃ」「こんなことが起きたらどうしよう!」と、まだ何も始まっていないことに対して、必要以上に心配したり、不安に思ったりして、ものすごく深く考えこんでしまうタイプなんです。そして、かなり気を張って臨んでみるものの、結果は空回り…なんてことが以前はよくありました。そこで、あえてオフのときの自分に近い“ゆるい感じの私”でいてみることに。
すると、いろいろなことが客観的に見えてきて、コミュニケーションもスムーズになり、結果、ものごとがうまく回るようになったきたんです。それからは、心配や不安よりも、楽しいという気持ちのほうが増えてきて、私自身もとてもラクになりました。

オフの日は予定を入れず、家族と家で映画を観たり、音楽を聴いたりしながらのんびり過ごしています。好きな映画を観て、笑ったり泣いたりするのって、自然とストレス解消になっているんでしょうね。とってもおだやかな気分でいる自分に気づかされます。

体を動かしたいときは、「ストレッチポール」や「トリガーポイント」などのボディケアグッズを使って“ながらエクササイズ”もしますよ。

家族 味方がいるからポジティブになれた 家族 味方がいるからポジティブになれた

私は“ザ・次女”な性格(笑)。泣くし、怒るし、すぐに甘えんぼうが見え隠れします。父も母も姉も弟も、そして夫も、みんなよく見守っていてくれているなぁとつくづく思います。
家族がいなければ、今の私はありません。落ちこんだときや自信を失ったとき、何も言わなくても温かく包んでくれるんですよね。
それを理解できるようになってから、「私には味方(家族)がいる」「何があってもひとりじゃない」と思えるようになり、私自身もポジティブな思考ができるようになったと思います。

とはいえ、味方って、人じゃなくてもいいと思うんです。例えば枕。不安に駆られているとき、いつもの肌ざわりとフカフカ感がそばにあると、何だか安心しますよね。自分がホッとできて、安心した空気に包んでくれるなら、枕も立派な味方になると思います。

少し先の未来 この人といると落ちつける、と思われる存在に 少し先の未来 この人といると落ちつける、と思われる存在に

基本中の基本の話で恐縮ですが、朝、仕事現場に入るときは、笑顔で「おはようございます!」と挨拶します。大きな声と笑顔で挨拶するだけで、現場の士気も、その人の信頼度も上がる気がするんです。堂々としている人はそれだけでカッコイイですしね。自分が「いい!」と思ったことはすぐにとり入れて、少しでも近づけるようになりたいです。

そして、人と接するとき、相手の家族を想うようにしています。
これは私がつねに意識していること。この人にも子どもがいるんだ、奥さんがいるんだと思うと、自然とやさしく接することができる気がします。

私の父は、人の話を真剣に聞く人。いつも笑顔で、頼りがいのある懐の広さを持っています。そのためか、父のまわりには人が集まるんです。そして、父もまわりの人も表情が本当に穏やか。
ずっと人に頼ってばかりの“ザ・次女”な私ですが、「この人といると安心する」と思われる存在になれるように、これまで以上に人との関わりを大事にしていきたいですね。

  • 衣装
  • ドレス¥116,000(forte forte/CORONET 03-5216-6516)
  • ピアス¥145,000(UNOAERRE JAPAN 0120-009-488)

取材・文/峯島由衣

撮影/山田英博

ヘア&メイク/山口理沙(+nine)

スタイリング/柴田一宏(DRAGONFRUIT)

高橋ユウ Takahashi Yu

1991年1月19日生まれ。

2006年ファッション誌「Cawaii!」専属モデルとなり、東京ガールズコレクション出演などファッションモデルとして活躍。
その後、映画、ドラマ、舞台など活躍の幅を広げる。
最近では、バラエティ番組に多数出演する他、日本人デザイナー「ATSUSHI NAKASHIMA」のショーでミラノ・コレクションデビューも果たした。
昨年K-1の卜部弘嵩選手と結婚し、今年9月に第一子妊娠を発表。

 高橋ユウさんのprofile用画像  高橋ユウさんのprofile用画像
コスメ商品検索
キレイマーケット
Comming soon...