モンブランの麓 イタリアンアルプス温泉コスメ&スパの旅 | キレイノート

KIREI NOTE

08/LIFESTYLE

2019.06.25

モンブランの麓 イタリアンアルプス温泉コスメ&スパの旅

モンブランの麓の由緒ある温泉、プレサンディディエへ

フランスとスイスの国境に近い北西イタリアは、アルプスのモンブランやマッターホルンなど 4000m 級の名峰に囲まれた山岳リゾートです。

モンブランの麓の街プレサンディディエは、古代ローマ時代から温泉地として親しまれてきました。

イタリアのロイヤルファミリー、サヴォイア家の 19 世紀の別荘が現在はテルメ(温泉)の施設として開放されています。

温泉は雪解け水が山の中を約 1km 、 40 年かけて濾過され湧き出たもので、美肌効果の高い鉄分やマグネシウムが豊富に含まれています。 

マッサージとサウナで完全デトックス&リラックス

人気の高いマッサージは、事前予約が必須。今回は 25 分のフェイシャルコース( 44 €、約 5500 円)をお願いしました。

担当のフランチェスカの第一印象は正直「わかっ!大丈夫かな」でした。早速施術スタートです。 

クリームを使い分けながら、デコルテ、顔、頭、そしてまたデコルテから顔へ。 筋肉やリンパに沿って流れるように、時に指の動きを止めて、深呼吸に合わせたりしながら優しくマッサージしていきます。

私は肩以外に前頭部、側頭部と額全体が硬く、奥歯にも力がかかっているとのことで、その負荷を取り除くように丁寧にほぐしてくれました。

「日頃のストレスが原因なので、この後水分をとって、サウナと冷水を 3 回繰り返してみてください」とフランチェスカ。「冷水に浸かるのはちょっと」と言うと、今までのクールな表情が一変、「サウナの後の冷水はデトックスと疲労回復に効果絶大なので、絶対に浸かってみてくださいね!」と説得されました。

冷水力説後のフランチェスカ。朝からの肩こりと頭痛も治してくれた、至極のマッサージでした。 

庭に出ると、ジャグジーから一望できる壮大な景色と、新緑の匂いが出迎えてくれました。 36 度のお湯は心地よくずっと浸かっていられますが、上がった瞬間は肌寒く、サウナへ直行です。  

サウナ小屋の右側にあるのが大理石の水風呂。サヴォイア家時代からのものだそうです。 

苦手意識があった高温サウナですが、窓からのこの景色を眺めていると全く苦になりませんでした。

10 分後、外の冷水にも勇気を出して浸かってみると、初めて味わう目が覚めるような爽快感 。

3 回と言わずもっと繰り返したくなるほど、すっかりこの温冷交代浴の虜に。フランチェスカありがとう!

3つの美肌温泉の成分が配合されたコスメを堪能 

マッサージの待合室や更衣室で試すことができるオリジナルコスメには、北イタリアの 3 つの温泉水がブレンドされています。

プレサンディディエとサンペレグリノ、ボルミオ、それぞれの温泉成分の相乗効果にも着目。肌内部の pH を調整し、肌を若々しくしてくれる効果が期待できます。 

コスメを試しながら、画面でマッサージのレクチャーを受けられる部屋もありました。 

ローションから一連の流れを試してみて特に効果を実感したのが、フェイスマスク( 50ml/28 €、約 3500 円)。洗い流した後もまだクリームが残っているかと思うほど、肌に滑らか成分が浸透していました。

そしてアンチエイジング効果の高いエーデルワイスや真珠が配合された美容クリーム( 50ml/54 €、約 6800 円)。このクリームをすごいと思ったのは翌朝、きめが整って毛穴が目立たなくなったと感じた時でした。

夜 7 時過ぎまで明るい空と新緑の山々、その奥に佇むアルプス。頭を空っぽにしてスパを満喫した、忘れられない一日になりました。今回購入したコスメを使いながら、この風景への再会を夢見ることにします。

SHOPLIST

CATEGORY

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは、日本と世界に満ち溢れている
“キレイ”をさがして、旅をする人のノート。

新しいものに出会ったときのワクワクが大好き。
本当に自分に合うアイテムや
メソッドを見つけたい。
次の旅先やいつか訪れたい国の
トレンドを覗いてみたい。

そんなキレイへの好奇心は、
きっとあなたとわたしの毎日をより豊かに
輝かせてくれるはず。
キレイノートはそんな想いのもと、
日本国内はもちろん、
世界中から心ときめく旬な情報を
お届けしています。

気になる国をトリップ!