フランスのアペロをお手本にお家で”ちょい飲み”を楽しんでみては

08 LIFESTYLE

2021.04.24

フランスのアペロをお手本にお家で”ちょい飲み”を楽しんでみては

フランス フランス人生活習慣「アペロ」

フランス人の絶対習慣「アペロ」とは?

突然ですが「アペロ」という言葉、ご存知ですか?語源はフランス語の「aperitif」(アペリティフ)から。直訳すると「食前酒」ですが、食欲促進のために、食事前に軽くお酒を飲んだり、つまんだりという意味で使われていて、その略語が「アペロ」です。日本語では「ちょい飲み」がニュアンスとして近いと思います。

フランス人はほぼ毎日アペロするといっても過言でないくらい、アペロ大好き! アペロでとても大事なことは、家族や友人とおしゃべりを楽しむこと。コロナ対策のため、政府からの人数制限(最大6人まで)もあり、以前ほど大勢でのアペロはできませんが、たとえ少人数でも欠かせない習慣、それがアペロです。

どんなものをつまんでるの?一般家庭のアペロを徹底解剖

健康志向が多いフランス人、アペロ食材もBIOストアで揃えるという人も少なくないです。今回は近所の大手BIOストアで、アペロ食材を物色し、実際の様子をお届けしたいと思います。

大手BIOストアに潜入。日本人に馴染みのアイテムまで

こちらは大手BIOストアのBIO COOP(ビオコープ)。フランス全土にあり、新鮮野菜からワイン、乳製品、パンなど日常に欠かせない食材から日用雑貨まで、ALL BIOで取り揃えています。早速店内を除いてみましょう。


広々とした店内、最初に目についたのは新鮮野菜とフルーツコーナー。小さなマルシェのようです♪日本ではあまりお目にかからない珍しい野菜も。


お惣菜コーナー。共働きが多いフランス人家庭で重宝されています。


Charcuterie(シャキュトゥリー)。ソーセージやハムなどの加工肉はどれも全部おいしいですよ〜。


お隣はフローマージュコーナー。チーズ大国なだけあって、未知の種類もたくさんあります。こちらではローカル生産品が豊富です。


パンコーナーには、日本のお惣菜パンのようなものはほとんどなく、小麦粉の種類や強度で異なるバゲット、小麦粉以外のライ麦パンなどが揃ってます。バゲット類には、小麦粉の強度の説明も。


そしてワインコーナーもやはり充実。赤、白、ロゼ、どれも試してみたくなります。


日本人にお馴染みのスーパーフードも発見。わかめや昆布などの海藻類です。ローカルな海藻タルタルも。


豆腐の種類は厚揚げのようなものから、トマトや燻製アレンジまで。未知の世界ですよね…。他にも、米みそ、白みそなど意外とみその種類も豊富でした。


店内はこんな感じです。旅行中のお土産探しにも面白いですよ♪

調達したBIO食材でアペロ開始

今回はレーズン・いちじく・アーモンドが入ったミックスナッツ、計り売りコーナーで調達したアペロ用チーズ風味のおつまみとチョコナッツ、牛乳パン、ブルターニュ産カマンベール、アボカドスプレッド、アイルランドの燻製サーモン、フランス産ポテトチップス(パプリカ味)、ブルターニュ産レモネード、ロワール地方のロゼワインを調達!


残り物のソシソン(サラミ)やクラッカーも加えて、アペロスタートです。
我が家のわんちゃんもアペロの時間が楽しみ!

サーモンをのせたパンは、同じBIOストアで購入したエポートルパンと呼ばれるもの。小麦の原種とも言われており、ビタミン・ミネラル・食物繊維が通常の小麦よりも多く含まれていて、健康・美容にはぴったり。少し酸味があります。

ブルターニュ産カマンベールは、近所の農場で作られたもの。塩味も控えめ、癖や匂いもなくとってもおいしい!

アボカドペーストは、ヴィーガン仕様。酸味がありさっぱりとした味わいで、軽い歯応えのクラッカーとの相性は抜群。

今回の内容はちょっぴり豪華ですが、大体毎晩こんな風にアペロを楽しんでいます。そして、夜ご飯はお腹いっぱいで食べられないこともしばしば (笑)

コロナ禍でも、美味しいものを食べて、少しでも楽しく過ごしたい! という、彼らのパッションの強さを垣間見れるアペロタイム。みなさんのご自宅でも、ぜひアペロを楽しんでみてくださいね♪
愛媛発、柑橘アロマのスプレー&ジェルでマスク生活を爽やかに。 最新サブスク4選!デパ地下食材、パン、チョコ、マカロンまで。