オランダで注目 ゲストもスタッフも家族になるホテルが登場。

08 LIFESTYLE

2019.12.26

オランダで注目 ゲストもスタッフも家族になるホテルが登場。

アムステルダムで話題のコンセプトホテルへ


アムステルダムの名前の由来となった、街の南北に流れるアムステル川。

今回はそのアムステル川のほど近くにある、ホテル界に革命を起こした宿をご紹介します。  


ホテルの名前は「 ZOKU 」。

日本語の「族」=同類、仲間という意味が込められています。


チェックインをしに、エレベーターで最上階へ。ガラス張りの廊下を進みます。  


その先には、レセプションがある代わりに、開放的なサロンが広がっていました。  


チェックインは、声をかけてくれたスタッフとおしゃべりしながらノートパソコンか iPad でさっと済ませます。

コンセプトは「ワーキング・ハイブリッド」。このホテルでは、コミュニケーションが全ての肝。恥ずかしがっていては、何も始まりません。周りの人と話せば話すほど、色々な情報がインプットされ、つながりができていきます。 


サロンでは、一人パソコンで仕事をする人、ミーティング中のグループ、ギターを持ち出してテラスでお酒を飲む人たちなど、皆が思い思いに過ごしています。国籍も目的もライフスタイルも違う人たちが共存し、クリエイティブでポジティブなエネルギーが溢れていました。 

ヘルシーな料理と会話を楽しむダイニング


サロンの奥にあるダイニングへと進みます。  


ここも、オープンキッチンのスタッフや、テーブルで同席した人たちと自然に会話が始まり、人の輪が広がっていく場所。 

 

ゲストの多くが単身の出張者だそう。二週間以上の滞在者は、ホテルのマネージャーから毎週木曜日のディナーに招待され、ビジネスパーソン同士の交流を深める場が提供されます。

なんと最長で、一年間滞在したゲストもいたそう。「仲間」という感覚を通り越し、「ファミリー」として繋がっていくこのホテルの居心地の良さを、ご想像いただけるかと思います。  


食事は、長期のゲストを栄養面でサポートすることも熟慮されています。

こちらは、朝食のビュッフェ。野菜料理のレパートリーが多く、朝から良質のビタミンやタンパク質を摂ることができます。ローカルの野菜やオーガニックの乳製品など、食材のクオリティにもこだわりが感じられました。  


こちらは、ディナーの前菜とスープ。タラゴンというハーブとインゲンのスープはミントがきいていて、ヘルシーで美味、ボリューム満点でした。メインは、肉・魚・ベジタリアンの中からセレクトします。 

居心地抜群で多機能なゲストルーム


ゲストルームは 3 種類あります。(実際は更にシークレット VIP ルームがあるそうです)

こちらが、一番広いメゾネットタイプのお部屋。写真の左側の引き戸を開けると、ダブルベッドが収納されています。 


右側にはキッチンとダイニングテーブルがあり、少人数のミーティングもできるようになっています。  


天井の中央には、懸垂用のリングが取り付けられていました。男性スタッフに試してもらったところ、結果は 3 回。相当きつそうで、頼んでおきながら申し訳ない気持ちになりました。ホテルにはヨガスタジオなどのファシリティも充実しています。 

コミュニケーションが人類を救う⁉


厳しい土地で生き抜くために、オランダ人は高いコミュニケーション能力を身につけてきたと言われています。そんなオランダだからこそ誕生した  ZOKU は、今後ヨーロッパ中に拡大していくそう。日本にも上陸する日が来たら素敵だなと思いました。 

 

携帯とパソコンで、ほとんどが完結してしまう時代。その時代性を否定することなく人と人とのコミュニケーションを高めることにより、未来が広がっていくような場所。皆さんもぜひ体験してみてくださいね。

12月のイタリアを彩る、世界最大級のクリスマスマーケットへ。 箱根の名湯とカスタムトリートメントでキレイをアップデート。