リップケア特集_main.jpg
リップケア特集_square.jpg
care_and_make_mian_ttl.png
care_and_make_sp_mian_ttl.png

リップケア特集

 

女性なら誰もが手に入れたい色気。
唇が、質感・形・色の変化1つで色気をまとうことのできる、
魅惑のパーツであることをご存知ですか。
唇は年を重ねるごとに、
くすみ、しぼみ、輪郭が
ぼやけてしまいます。
こうなることで、顔全体が老けた、
色気のない印象になりやすいのです。
これからイベント豊富な時期、唇に変化をつけて
普段と一味違う色っぽい艶やかな自分を演出したいですよね。
今回は色気を手に入れる唇のケア方法、メイク術をご紹介。

唇は肌と比べ潤いを保つことが難しく、デリケートなパーツ。
唇の荒れは肌がかさついて見えてしまい、
顔全体の印象にも影響します。細やかなケアが大切なのです。

唇をお湯で湿らせ、リップスクラブを擦り過ぎないように優しくなじませます。こうすることで古い角質を取り去り、表面を滑らかにします。その後、リップバームで円を描くようにくるくるマッサージ。血色の良い、ツルツルで弾力のある唇に。

たっぷりのバーム、もしくはワセリンと蜂蜜を1:1に混ぜたものを唇に塗り、ラップでパック。5分から10分おいて、ぬるま湯で洗い流します。短時間で潤いのある唇に。

表面がただ保護されるようなリップクリームではなく、唇全体の血色やボリュームを作る唇用美容液が好ましいです。
それを小まめに塗り直すよう心掛けましょう。
全体が潤うことで、ふっくらボリュームのある唇に。

血行が悪くなってくすんで見える時は、
エクササイズで血流を促しましょう。上下の唇を内側に入れ込み、「んー、パッ」と勢いよく口を開ける。
また、冷たいものを飲んだり食べたりすることで、内臓が冷え、唇の血色が悪くなることも。
冷たいものを控えたり、お腹周りを温めましょう。血色の良い唇で明るい印象に。

色気は唇で作れるもの。
計算された質感・形・色それぞれを取り入れることで、
一気に艶やかな表情に変身させてくれるのです。

  • コンシーラーで唇の輪郭を消し、落ちにくいタイプのリップクレヨンやペンシルを使って上唇にオーバーに輪郭をとります。
  • ルージュに深い色を使用する際は、
    品を保つ為にシャープなラインを。
  • 淡い色を使用するときは、ふっくらと丸みを持たせたラインで柔らかな女らしさに。
  • 少し赤みを含んだ半透明ルージュは
    素の唇の色が透けるので、艶感と立体感、ふっくらとしたボリューム感を感じさせてくれます。
  • ベージュは肌を柔らかく見せ、清楚で知的な雰囲気を与えるので、色っぽくいい女感を出してくれます。
    ただ、ベージュを使用する際は一歩間違えるとくすんだ印象になってしまう為、アイメイク、チークはしっかり目に色をのせ、肌は艶肌に仕上げることで、全体を調和させましょう。
    ベージュは肌を柔らかく見せ、清楚で知的な雰囲気を与えるので、色っぽくいい女感を出してくれます。ただ、ベージュを使用する際は一歩間違えるとくすんだ印象になってしまう為、アイメイク、チークはしっかり目に色をのせ、肌は艶肌に仕上げることで、全体を調和させましょう。
  • ルージュをつけた後、唇の中央部にリップグロスを塗り、艶やかな質感をプラスします。さらに立体感を増すため、上唇の山のところにほんのりとハイライトをおいてグラマラスな表情に
色っぽさを出すために大切なパーツである、
このように丁寧なケア、メイクをすることで、
誰でもそれは手に入るのです。
女性らしさ を磨くため、日常に取り入れても良し、
たまのイベントやナイトアウトに備えるも良し。
リップのケア&メイク で大人なオーラをまとってみては?
コスメ商品検索