イタリアーナとキレイの関係 #3 | キレイノート

KIREI NOTE

SERIAL STORY

2020.03.20

イタリアーナとキレイの関係 #3

Part2
“彼女の私生活”
HER PRIVATE LIFE

日曜日は、4人で外へ出かけることが多いヴァレンティナ一家。
古い家具とモダンなインテリアやカラフルな色使いが上手く調和した、明るくて居心地のいい自宅に伺いました。

子供部屋は、マルティーナとマティルデが大好きなピンクに統一。2人のお気に入りのオモチャやぬいぐるみをたくさん紹介してくれました。
自分のベッドからの登り下りを自慢げに披露する、キュートなマティルデ。

一方ミルコの自慢は、整理整頓されたクローゼット。元々片付けが得意で、近藤麻理恵さんの著書をイタリア語版で読んでハマり、収納法などを即実践したそうです。
「彼の服は、本当にいつもこの状態なの。家政婦さんが許されているのはアイロンかけまでで、しまうのは彼の仕事。私のクローゼットの中は彼には理解できないみたいだから、なるべく見せないようにしているの」と、苦笑いのヴァレンティナ。

ヴァレンティナのコスメも見せてもらいました。
ハッキリした顔立ちの彼女は口紅だけでも映えるので、シンプルなメイクが鉄則。
アイシャドウとリップは、ヨーロッパ中で大人気のイタリア発プチプラコスメ「KIKO」。リーズナブルなのにクオリティが高く、今回取材したミラネーゼのほぼ全員が愛用していたブランドです。こちらのアイシャドウも、発色が良くて長持ち。
スキンケアは「SARAH CHAPMAN」のクレンジングや「DR. RENAUD」のフェイスクリームを愛用中です。

ヴァレンティナとミルコ共通の趣味は、ワイン。
家族でワインの産地へ出かけ、地元のランチに舌鼓を打ちながら、気に入ったワインを箱単位で購入します。
最近のヒットは、ミラノから1時間ほどのピアチェンツァにある、LURETTA社の赤ワインとデザートワイン。子供が寝てから2人でゆっくりお酒を飲む時間を大切にしています。

遠出しない日は、家族でトラムに乗って、ミラノの旧市街へ遊びに行くことも。
「ゴシック建築の美しいドゥオーモを見るのが大好き。広場で開催される様々な音楽イベントや青空市場も、家族みんなで楽しめるの。」

SUNDAY | ②ノートパソコンを持って お気に入りのカフェへGO

ヨガのパンフレット作成などに集中したいときは、ミルコに子供たちを任せ、近所の「MACHA CAFE」へ向かいます。

抹茶を使ったデザートやドリンクが充実したカフェ。ちなみに店名は「マッチャ」では商標登録ができず、「マチャ」になったとのこと。
「wifiはもちろん、コンセントもテーブルに完備されているPCフレンドリーなカフェ。抹茶を使ったドリンクも美味しいし、リラックスしながら仕事に集中できる場所。」

MACHA CAFE
Via Savona 25, Milano https://www.machacafe.it

VACANCE | 今年は日本へ行きたい!なぜなら・・・

ヴァレンティナに今年の予定を聞いてみると、思いがけない答えが。
「春か夏に、ミルコと二人で日本に行きたいと思っているの、新婚旅行で!」
出会って13年、子供ができてからも籍を入れず、パートナーとして過ごしてきた二人。先日、婚約指輪と一緒にプロポーズされたばかりだそうです。

「ダイヤの立爪に施された私たちのイニシャルも、ミルコがデザインしてくれたの。全てがサプライズだった。プロポーズの返事はもちろんOKよ!」と、嬉しそうに話すヴァレンティナ。
長年愛し合えるステキな二人の結婚を、心から祝福したい気持ちになりました。

今年日本でもしヴァレンティナを見かけたら、ガイドブックには載っていない美味しいレストランやバーを教えてあげてくださいね!

TAG

BACK NUMBER

バックナンバー

VIEW ALL

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、
世界中の国々から、
contribution(貢献)と
solution(解決)のある情報を発掘して
お届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために
世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。
そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、
世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、
ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を
集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!