気分はすっかりプリンセス。王妃も愛した温泉で過ごす贅沢な休日 | キレイノート

KIREI NOTE

LIFESTYLE

2021.11.13

気分はすっかりプリンセス。王妃も愛した温泉で過ごす贅沢な休日

イタリア ボルミオ

歴史ある温泉地、ボルミオ

ミラノから車や電車で3時間、オーストリア国境に近い山間の町、ボルミオ。

イタリア人なら誰もが知る、スキー&温泉のリゾートです。

ボルミオを象徴するラグジュアリーな温泉施設が、「QC TERME BORMIO(クーチー・テルメ・ボルミオ)」。

「BAGNI VECCHI(バーニ・ヴェッキ)」=「古い温泉」と「BAGNI NUOVI(バーニ・ヌオーヴィ)」=「新しい温泉」の2ヶ所からなり、どちらも温泉やスパの他、レストランとホテルが併設されています。

今回宿をとったのは、リバティ様式のピンクの外観が目をひく「BAGNI NUOVI」。

新しいといっても、歴史は19世紀前半にさかのぼります。

館内は華やかさと静寂が共存する、どこかコロニアルな空間。イタリア国王ヴィットリオ・エマヌエーレ3世やハプスブルク家エリザベート妃、近年ではベッカム一家も宿泊しています。

持参した水着に着替えバスローブを羽織って、いざ温泉エリアへ。

屋内と屋外に、30種類以上の浴槽やサウナがあり、全て満喫するには1日では足りないほどの充実ぶり。敷地が広大なので、混雑を感じることなくゆったりと過ごせます。

古代ローマ時代から湯治として名を馳せたボルミオのお湯は、気管支炎や婦人科系疾患に良いとされる効能が認められています。

そして何より、ミラノやトリノ、近隣諸国から訪れる人々にとっての最大の魅力は、美しい景色を眺めながらの贅沢な時間。お湯の温度は37度から40度に設定され、1時間以上浸かってものぼせることはありません。

宿泊パッケージは結婚祝いや誕生日プレゼントとしても人気で、カップル率もとても高いです。

こちらの長い浴槽には、耳までお湯に沈めると、水の波動から音楽が流れてくるしかけが。

世間の喧騒すべてを遮断してゆる〜い旋律に身を委ね、心身がデトックスされていく感覚を味わいました。

屋内も充実しています。

こちらの2本の回廊状の浴槽は、血液循環を改善する効果が絶大。

右のお湯→左の冷水という順で6周するのですが、水温は氷点下に近く、実際はかなりハード。あまりの冷たさに、悲鳴をあげてしまいました。

ひと通り温泉を満喫した後は、夕刻時に「アペテルメ」を誰でも利用できます(予約制)。

イタリアのバールで提供しているアペリティーボ(お酒とおつまみ)の温泉バージョンで、お酒やジュース、チーズやフォカッチャ、オリーブなどが提供されます。

皆バスローブのまま、リラックスしながら夕食前のひと時を満喫。飲み放題ですが、このあと温泉に戻る場合はほどほどに……。

トキメキ満載のホテルライフ

宿泊の楽しみのひとつが、部屋のアメニティ。充実した9種類のソープやスキンケアのセットは、女子心をくすぐるデザインで香りも◎。ちなみにイタリアのホテルアメニティに歯ブラシはないので、家から持参します。

ディナーの予約時間になり、館内のレストランへ。

これが今回の滞在の、最大のハイライトとなりました。足を踏み入れた瞬間、もっとオシャレしてくればよかったー!と後悔。眼前に広がるゴージャスなボールルームに、圧倒されてしまいました。

エリザベート妃が階下のダンスパーティを鑑賞したと言われるバルコニーや、天井を埋め尽くすヴェネツィアンシャンデリア、壁や柱を彩るフレスコ画の美しさに酔いしれながらのディナーは、もちろんミラノでも未体験。

この日はボルミオ産の赤ワインと、地元の素材を使ったピッカーニャをオーダー。

頭の中で奏でるワルツに酔いしれながら、デザートまでゆっくり堪能しました。

夕食後にテルメに戻って、星を見上げながらのんびりお湯に浸かるのも一興。

お風呂から出た直後は、標高が高いこともあり10月でもかなりの肌寒さ。屋内のサウナや浴槽に浸かって、体の芯まで温め直してから部屋に戻ります。

次回は、さらに歴史のある名湯「BAGNI VECCHI(バーニ・ヴェッキ)」をレポートします!

温泉利用料金 58ユーロ/約7,700円(平日1日利用の場合)
宿泊料金 215ユーロ/約29,000円より(温泉利用・朝食込み)

SHOPLIST

CATEGORY

SDGs

コスメ

メイク

スキン

ボディ

ヘア

フレグランス

フード

ライフスタイル

インタビュー

連載

CONCEPT

新しいキレイ、
新しい自分と
出会う旅へ。

キレイノートは。
「キレイ」を軸に、日本に限らずヨーロッパ、アジア、世界中の国々から、
contribution(貢献)とsolution(解決)のある情報を発掘してお届けするメディアです。
皆さんが、まるでキレイに出会うために世界中を旅して周っているような気分になれる、
そんなメディアを目指しています。

キレイ。
それは、鏡に映るキレイ。
そして、透き通った心のキレイ、ライフスタイルのキレイ。
海や緑や動物たち、私たちを取り巻く環境のキレイ。

そして、contributionとsolution。
人のお悩みの解決、コンプレックスの解消。そんな人の毎日への貢献。
そして、エシカルであること、SDGsを実践することでの、世界の明日への貢献。

私たちが発信する情報が、新しくて、刺激に満ちた、ワクワクするものであるように。
そして、たくさんの人達や世界のキレイに繋がっていくように。

キレイノートは独自の視点で、世界中から毎日キレイ情報を集めて、読者の皆さまにお届けしていきます。

自分と世界を、もっと愛そう。

キレイノート

気になる国をトリップ!